東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ユメミドリさんからの質問にお答えします。質問が長かったので、区切ってそれぞれにコメントをさせていただく形をとりました。

(世界史は)量が膨大すぎて集中力が続かないのです。ほかの教科はやる気があってできるのに、世界史だけはどうしても、「自分で知らない知識を獲得していかなければならない」という重みからかどうしても先が見えないのです。



 おっしゃるとおり、世界史は量が多い科目の一つです。理系の人がセンター社会で世界史を選択するのは得策ではないと思いますが、文系の人は大学にはいってからも役に立つ科目なので大変ですがお勧めします。
 で、集中力が続かないとのことですので、勉強の仕方をアウトプット中心、すなわち、過去問や模試などの予想問題といった問題演習を勉強の中心におかれるとよいのではないでしょうか。

 実際、私も教科書を通読なんてできませんでした。眠くなって仕方がなかったので、そのお気持ち分かります。

 具体的には、まず過去問をやって出題分析をして、最もよく出るところから勉強するとよいでしょう。で、例えば17世紀のヨーロッパが出てくると、そのころのアジアはどうだったのかなとか考えてみると勉強を膨らませることが出来ます。

 ただ勉強するよりも、分からないところをなくそうとする勉強のほうが学習意識は高まるのではないかと思いますが、どうでしょう?


基礎知識を持たないまま予備校へ行ってもどうにもならないと思うかし、私自身集団で勉強するのが向いていないこと、…お金がないからです。



 たしかに、基礎知識を定着させるという部分は、自分でやるしかありません。でも、一般に基礎知識とされていても自分にとってはなかなか理解できない部分とかがあれば、学校の先生なり予備校の講師にでも聞くと理解できたりすることもあります。金銭的に厳しければ、学校の先生を活用するとよいかもしれません。


それに私は中学時代塾に行っていたにもかかわらず高校受験は落ちています。だから、予備校に行くか行かないかは関係ないと思っています。勉強の仕方はHPを見たり蛍雪時代をかって参考にしたりしています。



 大学受験の大手予備校はかなり出題予想とかもやっていますので、高校受験の塾・予備校よりは使えると思います。

 あとは、志望校に合格された先輩の合格体験記とかも読まれるとよいかもしれません。本屋さんや、大手予備校のHPの合格体験記コーナーに載っていたりしますよ。


私は夏休みで1日だいたい8時間勉強していますが、朝9時から勉強を初めて昼の12時~3時半までは自由時間で、12時に寝ます。ちょくちょく15分単位の休憩も入れます。でも、このスケジュールを夏休み始まってから続けているのですがだんだん疲れてきてしまって、夕方5時くらいになると集中力が続かなくなってきてしまいます。人より遅れてる分がんばらなくてはと思うのですが、どうしてもダメみたいです。



 夕方5時くらいになると集中力が続かなくなってくるのは、それまで集中している証拠です。昼休憩が若干長いかなと思いますが、資料を整理したり、合格体験記を読んだり、勉強法・学習スケジュールを見直したり勉強に関連することができていれば問題ないと思います。

独学をする上での集中力の持続法、疲れを解消する方法など何かアドバイスをいただけたら幸いです。



 集中力は長時間持たないのが常なので、科目を90分ごとに変えるとよいと思います。数学などの考える系と、世界史などの覚える系を交互にすると一層よいと思います。


 暑いので、早寝早起き、風呂とかが一般的には疲れをとることですか。あとは、自分の趣味とかを日曜日に一時間だけやるとかもありかもしれません。

 予備校等でライバルが勉強している姿をみて自分もやる気を出すと集中力が高まるかもしれません。

 週末もできたら勉強したほうが良いです。浪人してもう一年勉強するより、大変ですが今年一年で受かるほうがいいですよね。


少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
東大文科志望の高2です。
今年は英数国中心に、日本史世界史は流れだけおさえていこうと思ってるんですけど、本格的な開始時期はどれぐらいが好ましいんでしょうか?

あと、僕はドがつく田舎に住んでいるんですが、首都圏などでは鉄緑会とかZ会マスターコースとか大手予備校などがあってすごいハンデを感じてるんですが、このハンデを埋める方法はZ会ぐらいしかないんでしょうか?
2005/08/04(木) 15:01 | URL | 高2野郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/79-16e0c714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。