東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本史論述の勉強法は、過去問と予想問題を中心にしました。

といっても、2次試験でのみ使用し、また論述問題しか出題されなかったので、それにあわせた勉強しかしていないことをあらかじめご了承ください。


 まず、基礎知識を固めることが必要ですが、予備校なりのテキスト(書き込みスペースがあるもの。できればバインダーに綴じれるほうがよい)をデータベースにするのがよいと思います。

 ちなみに、私は、予備校講師のレジュメを大いに活用し、Z会旬報、予備校テキスト等で補充しました。
 世界史の場合は、詳説世界史ノートを使いましたが、日本史では使いませんでした。

 教科書も山川だけでした。

 問題集は、日本史論述のトレーニングを必要なところだけしました。通信添削もしていました。

 春期講習等で大まかな流れをつかむ講習をとりました。そこで使われたテキストも結構出来がよかったので、データベースにできるかもしれません。

 予想問題の入手を重要視したため、駿台、河合塾、Z会東大マスターコースの夏期講習、冬期講習に出ました。

 志望校型の模試も複数受けました。

 予備校で志望校別対策講座がある人は、出題形式、出題傾向に応じた対策ができるので、活用されることをお勧めします。特になかなか手の回らない2次試験でのみ使う科目がある人は、その科目の対策に役立つと思います。

 
 アウトプットは、もっぱら通信添削と、過去問をといたことです。過去問は自分で解いて、学校の先生、予備校講師なりに添削してもらうとよいと思います。

 直前期は、通信添削、模試、講習の復習のみをしました。


 概要はこんなところです。



少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
質問に答えていただきありがとうございました。参考にしたいと思います。
2005/06/25(土) 21:49 | URL | 蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/67-14fb5e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。