東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近このブログを東大志望者の方がよく見てくださるようなので、東大志望者向けの記事を書いてみます。


 Z会東大マスターコースってご存知ですか?

通信添削で超有名なZ会のやっている予備校?です。

 他の大手予備校のように全国各地にあるわけではないので、地方の人はあまり知らないかもしれません。

 名前に東大をつけるだけあって、非常に東大向けの講義を展開するので、通常の講義はもちろん夏期講習・冬期講習も東大志望者にはかなりお勧めです。
 通信添削の名門Z会がやっているだけあって、講義の際もかなり実際に論述問題を添削してもらった気がします(したがって受講定員もS台、K塾、Yゼミよりはるかに少ない。その割には合格人数多いと思います)。

 講義では過去問とオリジナル問題の両方を扱い、かなり満足度も高かったと記憶しております。講義はもちろん、配布される解説もしっかりしていました。

 
 受講した科目は、夏休みに世界史・数学、日本史、国語だったと思います(英語は自分でやる主義だったので、一切予備校を使っていません。通信添削はやっていました。)。

 世界史・数学は可もなく不可もなくという感じだったと記憶しております。でも、論述中心なので、東大志望者は受けて損はないと思います。

 通常は、国語だけ受講していました。寺本先生という先生がかなりお勧めです。この先生のおかげで現代文はかなり伸びました。

 現代文は他のS台とかよりもはるかによいと思いました。某O師のように細かすぎず、かといって乱雑すぎることもなく、ちょうどいい感じでした。
 
 現代文が伸び悩んでいる人にはお勧めです。(古文漢文は普通だったと思いますが、東大型の問題を取扱うので、普段の予備校の講義にもの足りなさを感じている人にはおすすめします。)

 
 あとは、冬休みに日本史・国語を受講しました。
日本史は渡部先生だったと思います。この先生もかなりよかったです。

 

 ホームページを見てみたら、お二方とも現在もご活躍中みたいです。

 
 常に、東大の問題を想定して講義をするのでモチベーションがかなりあがりました。
 
 一応、現役高校生が大部分を占めますが、浪人でも気にすることなくいってOKだと思います。


初めて聞いたという方は、とりあえず、Z会東大マスターコースのホームページ
を一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


それにしてもZ会はますますパワーアップしている感じがいたします。




少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/66-143213ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。