東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おすすめ文房具

 もっともよく使うボールペンは、
細字の三菱鉛筆 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ Signo 超極細 UM-151 0.28mmがお勧め




 シャーペンは、疑問点など後で消す情報を書くときに使用します。

持ちやすく、書きやすいドクターグリップを使用。




マーカーですが、蛍光ペンを使うのは、どうしても頭に入らなかったり、何度も間違えた重要ポイントをチェックする時に使います。

というのは、色が濃くよく目立つので、どれが本当に重要な情報かわからない段階で蛍光ペンを使うと、直前期にマークする方法が無くなってしまうので、あまりお勧めしません。

まずは、色鉛筆を使うことをお勧めします。




 なお、お勧めの蛍光ペンは、ゼブラのオプテックス2。



オレンジ・ピンク・水・赤・黄緑・黄・紫等を使用。

科目によって色分けは違いますが、基本的な説明チェックは黄。

何度も間違えたところは、紫というのは、各科目共通。

まず、細いほうを使用。

覚えていなかった場合は、見直し時に、太いほうを使用したり、丸囲みしました。


修正テープは、トンボの5ミリ。修正ペンは乾くまで時間がかかるのでお勧めしません。






ルーズリーフは、キャンパスの5ミリ。

バインダーは、マルマンの250枚用。




付箋3M サイズはいろいろ。目印用と、追加情報用。


インデックスシールはニチバン。

大きい見出し(たとえば第一章、第二章など)を青、小さい見出し(第1章の中のテーマ1など)を赤など、

色分けでより検索性を高める。




少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/56-fc4a30b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。