東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ルーズリーフと普通のノートの使い分けについて述べたいと思います。

 私は前々よりデータベースにはルーズリーフの使用をお勧めしてきました。参考記事はこちら





 しかし、問題演習をする場合のノートについては全く触れていませんでした。

 
問題演習用のノートは普通のノートがよいと思います。

 というのは、かさばらないからです。

最近は、コクヨS&T キャンパスノート(ドット入り罫線)など、優れたノートも発売されています。




受験生に限っての話ですが、

 問題演習用ノートは使い終わった後捨ててはいけません。

 なぜなら、見える場所に置いておき、

スランプに陥ったときや不安になったときに何度も目に入れるようにすると、

自分はこれだけ勉強をやったという自信をつけることができるからです。


 問題演習ノートは、スペースを多めに取り、

間違った問題のキーワードなどを書きなぐって覚えることができるようにする
のもよいかもしれません。

実際私はそうしました。


 問題演習ノートはきれいに整理する必要はありません。

 間違えたキーワードを書きなぐっておくと、あとでぱらぱらめくったときに自分の弱点がすぐに分かるので後々にも役に立つと思います。


もっとも、高1・高2の時の問題演習ノートが役受験生になって役に立つことはほとんどありません。

入試レベルの問題ではないことがほとんどだからです。



各科目ごとに 志望校過去問、問題集、模擬試験用のノートを準備しましょう。

このノートは、B5の安いまとめ買いできるノートで十分です。(上記リンク参照)

(リングノートにするとかさばるのでお勧めしません。)



答え合わせをする際、間違えた問題で間違えた原因を突き止め、

二度と同じ間違いをしないように

ノートに間違えた理由をカラーボールペンで書きこみ、

後で見直す際に目立つように、枠囲みしましょう


たとえ問題文の読み間違えだったとしても、そう書いておきましょう。

問題文を読み間違えるというケアレスミスとはいえ、問題文を丁寧に読むようにすることも試験では大事であり、

そのことを強く意識する必要があるからです。


知らなかった知識などは、問題演習ノートではなく、情報一元化ノートに書き込みましょう!



少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして,受験関係のブログをやってるものです。
ルーズリーフの使い方やお勧めの文房具など
意識しないとなかなか気づかないことですごいと思いました。
2005/10/08(土) 10:08 | URL | Sawa #-[ 編集]
少し前からこのブログを見さして頂いてます。僕は来年高二になるので受験勉強の助けとさせてもらっています。ちょうど最近ノートの使い方で迷っていたので問題が解決してよかったです。ありがとうございました。
2006/02/11(土) 22:44 | URL | yu #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/05(日) 19:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/50-ef3b30ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。