東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 過去問分析をすることのメリットに、

志望校の出題パターンを把握することができることがあげられます。

 すなわち、論述しか出ない大学を受けるのに、

論述対策にかける比重を間違えるとその時間が無意味なものになりかねません。

 
 知識の定着に問題演習を通じてのアウトプットの訓練がかかせませんが、

過去問をしっかりと分析することで、

どういうタイプの問題を多めに解くとよいか

そのためには、どういう問題集を使ったりすれば良いか


も考えて学習すると、

より効率的な勉強ができるのではないでしょうか。

 
過去問には早めに目を通すとよいと思います。

 普段の学校の勉強もあるなか、

自分で過去問をチェックするのは大変な作業だとは思いますが、

志望校の出題パターン等を身をもって早めに知っておくことは、

受験シーズンまでの限られた期間を悔いのないものにするためには必要不可欠ではないかと思います。

 頑張ってください。



少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/40-279ad417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
著者: 和田 秀樹 タイトル: 大人のための試験に合格する法 試験勉強の計画を立てる前に、「試験勉強とは何か」について考えておかなければならない。「今さら何を」と思う人もいるかもしれないが、趣味で学ぶ勉強と、試験勉強とでは、スタート地点も違えばゴールも違うの
2005/06/30(木) 13:23:20 | 個人的 書評ブログ
憂うべきことかもしれないが、日本人が一番勉強するのは、大学生の時よりも、受験生の時であると思う。この際、過去問や過去問を基とした問題集を使用する。(これは国語に限らず他の教科も同様である。)そして、読書をする習慣の乏しい日本の少年少女が評論や小説を最も真
2006/01/27(金) 14:06:47 | 入試過去問と著作権を考えるblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。