東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兵庫県のMさん(公立高2)から質問をいただきました。

もしよろしければ勉強時間に関すること、集中方法、やる気を出す方法などを教えていただければと思います。

Mさん、ありがとうございます。

 ちなみにMさんは私立文系を志望されていますが、私立文系の方もお気軽に質問してください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

Q:勉強時間について

 私立志望のかたの場合、各科目最低毎日一時間ずつするのが良いと思います。ex)英・現国OR古文(+漢文?)・社会 各一時間

 苦手科目にも力を入れられると良いと思います。

 古文はまず単語・文法をしっかり覚えることが必要だと思います。単語集を一冊選んで(語呂合わせでもなんでも覚えやすければよい)


 英語も単語・文法・語彙語法・長文読解それぞれをバランスよくしっかりと勉強してください。英語の勉強法カテゴリのほうも参照してください。


 社会がまだ終わりそうにないという進度の遅い学校の方は、通信添削で自分で勉強というのもお勧めです。というのは、2月・3月くらいから8月にかけて問題演習を通じて全体を一通り見ることができるからです(申込締切を各自でご確認ください)。

 予備校等の春期講習で一通り目を通すことのできる講座をとるのもありだと思います。

 

すでに塾・予備校に通われており、これ以上予備校に行っても予習復習が追いつかないという場合も通信添削は時間の有効活用につながると思います。

時間のある週末に集中してやったり、毎日少しずつコツコツやるのも自分の好みに合わせれるし、通学・移動時間もゼロに抑えることが出来るからです。



Q:集中方法
 ラジオを聴きながらとか、テレビを見ながら勉強というのは集中して勉強しようという人にとってはありえないことだと思います。

 耳栓を使うということも考えられることは考えられますが、試験本番を意識すれば、全くの騒音・雑音のないところで試験が受けれるかどうかは分からないので、少々雑音があっても勉強できるようになっておかないといけません。

 楽しいことには自然に集中するので、勉強を楽しんでやれるようになることが必要かと思います。そのためには、苦手科目・基本事項について手を抜かず早めに苦手意識をなくすようにすることが考えられます。

 何もせずに、得意になるということはないと断言できます。


 見たいテレビがあれば、見るなとは言いません。録画して気分転換をはかりたいときに見るようにすればいいでしょう。

 テレビを今まで結構見ていた人が一切見ないというように禁欲的でありすぎるとかえって集中力は付かないと思います。


結局、やる気が出れば、おのずと集中力は付くと思います。



Q:やる気を出す方法 
すでに、志望校がきまっていらっしゃる方は、、春休みに過去問を一度解いて、頻出分野と自己の苦手分野を把握されるとよろしいかと思います。今ならまだ過去問も売っていると思います。

 過去問を解いてみて「やばい」と分かれば、リアルに勉強しなければと思うことも出来るのではないでしょうか。

 
 また、志望校が近くの場合、実際に受験当日の下見もかねて、キャンパスを訪れてみるとやる気がでるかもしれません。大学生になったときの自分というものを想像できれば、頑張ろうという気がわいてくるかもしれません。

 
 部活との両立は大変でしょうが、最後までご自身の夢実現のために頑張ってください。



少しでも参考になりましたらクリックお願いします。人気blogランキング


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/30-e5936ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 英語に関する最強の勉強法は、本を丸ごと一冊暗記してしまうことだ、とどこかの本か何かで読んだことがある。英語に限らずとも、参考書を買ってきて丸暗記してしまえば、身につくものもある...
2005/02/17(木) 21:20:55 | RINTARO's BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。