東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬期講習は、たくさん受講する必要はないと思います。


 むしろ、今まで受けた模試・通信添削・解いた問題集の復習をやることをお勧めします。

 ただし、
 
難関大学を受験される場合、

2次対策の社会だけは、大手予備校で受講されることをお勧めします。

 というのは、予備校が出題予想した部分を取扱うため、

 全部的中ということはないにしても、

一部的中はあたったり、関連部分が出題されるということは結構あるからです。


 他の受験生に遅れをとらないようにするために、

その大学の受験生の多くが通う大手予備校で、

予想が当たる可能性が高い社会だけは受けておきましょう!

特に、現役の方は、社会の二次対策にまで十分手が回らないでしょうから、お勧めです!


センター試験対策の勉強もある中で、自分で2次対策の時間をとることは困難なので、予備校を上手に活用するのがいいのではないかと思います。


一方、苦手科目対策は、

新しいことに手を出さず、今まで受けた模試・通信添削・解いた問題集の復習をやること、

とりわけ間違えた問題の解きなおしをしましょう!


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/3-60ee887c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。