東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして。
私は今年大学受験をするものです。
国立二次対策については、志望レベルの学力を参考書等で身につけた上で赤本を解き形式に慣らしていくという形でいいのでしょうか?
高校が進学校ではないため大学受験対策の授業を受けたことがなく、また、予備校にも行っていないため参考書のみで勉強しています。センター対策は自分で出来ても二次対策のやり方があっているのかわかりません。

また、赤本には配点も採点基準も詳しく書かれていないため自分では大まかにしか採点することしかできません。

進学校の人達はどのように赤本を利用しているのでしょうか?また、Z会の通信添削を受講しないと不利でしょうか?
良ければ、教えてください。



とのご質問をいただきました。
まず、国公立の2次対策ですが、

志望レベルの学力を参考書等で身に付けた上で、赤本を解き形式に馴らしていくという形でいいと思います。

ただ、参考書のみだとインプットの勉強のみになってしまうので、

問題集で実際に知識が定着したか確認する必要があると思います。


赤本の活用法は、

記述式の場合

進学校かどうかにかかわらず、

答案を学校の先生に添削してもらうとよいと思います。


記述式・マーク式問わず、分からないところは、とことん先生に質問しましょう。


過去問演習を通じて、苦手分野が頻出分野と分かった場合、問題集の該当分野を解き直しましょう。



Z会の通信添削を受講しないと不利とまではいいませんが、

高校で大学受験対策がなく、予備校等にも通われていないのであれば、

志望校の問題に近い問題演習ができ、

ペースメーカーにもなるZ会を受講するのもいいと思います。

進研ゼミと比較して、自分に合いそうと思うほうを利用してみてもよいでしょう。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/297-02d6d163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。