東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月になりましたね。

受験生の皆さん、暑い中お疲れ様です!!


志望校がまだ決まらない方、

決めたけど、やっぱり不安な方もいらっしゃるでしょう。


今回は、志望校選びに迷っているあなたに、志望校選びのヒントをちょこっと書きたいと思います。
大学卒業後は、就職もしくは大学院への進学が一般的な進路です。


将来どういう仕事をしたいかを漠然とでもイメージしておくと

経済学部・商学部に進んだほうがいいのか、

それとも法学部に進んだほうがいいのか、文学部に進んだほうがいいのか

志望学部はだいたい決まると思います。


海外に支社がたくさんある大手商社に入社したい場合、

経済学部よりも語学力をみにつけることができる英語重視の大学のほうがよかったりすることもあるでしょう。


就職を地元でしたいのであれば、

全国的に知名度の高い大学と地元の就職に強い大学のどちらに進むか、考えどころです。


弁護士公務員志望などで

法科大学院や公共政策大学院の進学も視野に入れるのであれば、

その大学院のある大学に進学するほうが入試情報などが集まりやすいでしょう。

公務員志望の方や司法試験の予備試験の受験を考えている方は、センター試験対策をしっかりやっておくと、

教養試験で、私立一本だったかたより負担が減りますので、

将来のためだと思って頑張りましょう。


大学進学は、将来の就職への準備です。


大学が有名かどうか

生活費が安く済むかだけではなく、

学修支援・就職支援体制の充実度など

将来の就職・進学に有利かどうかも選択の際の基準にしてみてはいかがでしょうか??

(ご参考)
高校生から考える法律家への道





少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/294-c002ed4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。