東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご要望にお応えし、国公立 国語記述対策についてです。

英語同様、

基本は学校の授業と過去問、類似問題・出題予想問題でしょう。

基本的なテクニック等を授業や講義でインプットしましょう。


アウトプットについては、形式面に慣れるためにも、過去問は重要です。

国公立といっても学校によって問題は異なります。

たとえば、東大はオーソドックスだと思いますが、

京大や一橋は、独特です。

問題が独特な場合、適切な問題集は少ないです。

まず、過去問を解いて、学校の先生などに添削してもらうことが大事です。

そのうえで、Z会などの通信添削で志望校対策コースをとって、鍛えられることをお勧めします。


要するに、志望校の出題形式・傾向に合わせた勉強をしてください。

国語の場合、社会と異なり、予想問題が的中ということはほとんどないですが、

本番で冷静に解けるよう、過去問・類似問題を普段から解いて、実戦感覚を磨きましょう。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/293-df070022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。