東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
難関大学に合格する基本条件は一体何だと思いますか?


実は、それは難しいことではなく
学校でトップレベルの成績をとっておくことです。


難関大学に受かる人は、学校の授業内容をきちんと理解している人です。

学校の授業も分からず、学校のテストでも上位に入れない人が、

難関大学に入れるはずがありません。


今、まだ苦手科目がある人は、まずは、一学期の期末テストで学年トップを狙いましょう。

そのためには、どうしたらよいか?

期末テストでいい点数をとるためには、授業を理解して、問題が解けるようになっておく必要があります。

したがって、予習をして、

本当にわからないところをはっきりさせてから、授業に臨み、

授業中に理解できなければ、授業が終わってから、先生に質問して、

疑問点を解消し、後に残さないようにすることが必要です。

わかったふりをするのは、もうやめにしましょう。

基本というのは、決して簡単ではなく、楽でもありません。

時間もかかり、地道な作業です。



今学期の期末テストの見直しとかやったことなければ、春休みに解きなおしてみてもよいでしょう。

高2の間に受けた学校の定期試験、模擬試験を解きなおすのもありでしょう。

高2の勉強が分からなければ、高3の勉強もわかりません。

課題を先送りすると、志望校合格まで先送りという事態になりかねません…。

踏ん張りましょう!!

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/289-b37e8559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。