東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログでも学習計画の重要性を何度も書いていますが、今一番のお勧め本が

東大合格者インタビューなども盛り込んだ

この 「カリスマ塾長が教える

一冊の手帳で試験に合格する勉強法

伊藤 真 (著) 」です。


著者は、東大法学部を卒業、

司法試験に短期間の勉強で合格し、

今は司法試験の受験指導校(予備校)のカリスマ講師です。

法学部に行っている人なら知らない人はいないくらいの超有名人です。

これまでも勉強法や時間管理について書いています。





本書は、受験生を対象とし、

手書きの手帳をベースに

怠けることを前提とした

ちょっとの遅れは想定の範囲内の

実行可能!!な学習計画の立て方
について、

わかりやすく書いてあります。


また、パソコンやB6カードを活用した

著者が誇る合格に役立つノウハウも満載です。


飽きっぽい人や

なかなか勉強のモチベーションが上がらない人へのアドバイス
ものっており、

受験勉強法の悩みの大半は本書を読めば解決するでしょう。



これまで学習計画を何度もたてながら計画倒れに終わってきた人

まだ学習は進んでいないが、何としても来年絶対難関大に合格したいという方から、

将来 司法試験や公務員試験の上位合格など目指す方など

大学受験生はもちろん

今年見事栄冠を勝ち取ったみなさんにもぴったりの一冊
です。

受験生向けですので、すぐに使えるテクニックも見つかるはず。

試験までの限られた時間を有効活用したい方 必読です!



ちなみに個人的にお勧めの手帳は

百ます計算でおなじみの陰山先生の陰山手帳です。


お勧めする3つの理由は、以下の通りです。

1、A5サイズで豊富なスペース

◎勉強もプライベートも一冊にまとめ。

2、縦型週間予定ページ+薄いマス目つき空白ページ

◎見開きで1週間。より正確な時間管理。
ちなみに各日の左側に計画、右側に結果を書くと
計画がよかったのか見直しができ、翌週以降の計画を改善しやすくなります。

3、学習の進み具合をチェックしやすいプロジェクト管理ページ

◎どの教材をいつまでにやるか書き込め、達成度チェックも容易。受験生向けです。


冒頭部分に、陰山手帳の使い方が載っていますので、まずは本屋でチェックしてみては。

リンク先はちなみに4月始まりのものなので、(1月始まりのものもあります)

受験本番まで1冊で済みますよ。



少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/288-c0c5a6c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。