東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 埼玉県の進学校に通っている高校3年生です。
しかしまだ受験モードになれていないのが現状です。
私の成績は、学校で受けてる進研模試では英語72、国語65、日本史78が大体のいつもの偏差値です。

志望校は早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科です。

経済的な面で、予備校には通えません。
今までがむしゃらに何も計画を立てずにここまで来てしまいました…

でも計画の仕方が分からなくて…今からでも立てるとしたら重要な点はなんですか?
またどのように立てればいいですか? 



とのご質問をいただきました。
予備校に通えなくても、「進学校」であれば、年間通じて学校の予習復習をしっかりやることでかなりカバーできます。


進研ゼミの偏差値は他の大手予備校よりもかなり高く出る傾向がありますので、駿台・河合等だとマイナス10くらいのつもりでいたほうがよいでしょう。

難関の早稲田政経ですから、3科目とも満遍なくできる必要があります。

国語の偏差値が低いのが気になります。現代文、古文のいずれか、もしくは両方が苦手なのでしょうか?

学校の授業の予習復習をしっかりやって、定期考査で校内トップをまず目指しましょう。

また、夏休みが始まる前に、その苦手克服・弱点補強をするために、問題集などをするのがよいと思います。

古文・漢文が苦手なら、重要(頻出)な文法・句法、単語を毎日継続的に 量は少なくてもよいですから、しっかりこなしましょう。

使用教材は、早稲田政経の合格者の合格体験記を参考にして、最適なものを選びましょう。


夏休み以降は、過去問を解いたり、早稲田志望者がたくさん受ける模試を受けるようにしましょう。

経済的に難しいかもしれませんが、Z会の早大対応講座などはチェックだけでもしておかれたほうがよいと思います。


学校の先生にも学習計画作成法や勉強法、問題集選択などについて

 どんどん質問・相談しましょう。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/277-2d5e74cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。