東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新高1です。
予習復習のやり方が、よくわかりません。
効率よく予習復習するには、どうすればいいですか?

 

とのご質問をいただきました。


予習復習は科目によってやり方が異なりますが、

学校の授業が基本です。

概要をまとめておきます。

<<予習>>

授業で扱う予定の教科書に目を通す。

問題集を使うのであれば、解いておく(ノートに)。



疑問点、よく理解できないところを見つける。

そこに付箋ポストイットなどをはり、その部分を意識して授業を聴けるようにする。



<<復習>>

疑問点、よくわからないところが解決できたか確認する。

授業を聞いてもよくわからなければ、先生に質問する。

授業で間違えた問題をもう一度解き直し、解けるかどうか確認する。


問題集やZ会などの通信添削の問題を解いて、

理解度を確認し、知識を定着させる。


解説を読んでもわからなかった場合は、学校の先生に質問する。


問題集などの解説に載っているが授業で出てこなかった情報は、

ノート教科書など試験の前に見直す予定の教材に書き込む。


ちなみに、Z会の解説は充実していました。

問題集を選ぶ際には、解説の充実したものを選ばれることをお勧めします。



少しでも参考になりましたら

人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/274-98c7c9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。