東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中高一貫校に通う新高1の方から、

「高1から受験を意識した勉強を始めたいと思うのですが、何から始めたらいいのか分かりません。今のところ志望校は東大を目指したいと思っています。」


とのご質問をいただきました。


中高一貫ですと、進度が普通より速いため、
まず、学校の授業についていくことが重要です。

つまり、基礎固めをしっかり行い、苦手科目をなくすことが大切です。

普段から、よく理解できないところは、先生に質問して早めに解決するようにしましょう。



1、文系科目について

難関私大にそれなりに合格者が出ている場合、英語、国語、社会については、レベルの高い授業が展開されているはずです。

高校1、2年の間は、重要単語や文法など基礎知識をしっかり定着させることを心がけてください。



2、理系科目について

また、難関国公立を受験される場合、数学やセンター試験で使う理科も、本番で差がつきやすいという意味で、きわめて大切です。(文系の人で、文系科目が不得意という方はあまりいませんので、差はほとんどつきません。)

苦手意識がなくなるまで、学校で出される課題をしっかりこなし、疑問点はどんどん質問してください。


3、情報収集について

先輩で同じ志望校に合格された人が、どのように勉強されたのかについて調べ、いいところはどんどん取り入れていくとよいでしょう。

また、志望校の合格体験記を購入し、中高一貫校に通っていた合格者が高1高2ではどういう勉強をしていたかも把握しておくとよいでしょう。




ペースメーカーが欲しい場合、Z会「中高一貫コース」を設けていますので、資料を請求されてみてはいかがでしょうか。








4、当面の目標について

通われている学校から志望校への合格者がいらっしゃるのですから、トップクラスに入れば、合格の可能性が高いといえます。

学校の定期テストや模擬試験の成績が校内で、各科目とも10位以内、総合で常に5位以内にはいることを目標にされるとよいと思います。


5、高校3年間の学習プランの大筋

細かい知識が問われる難関私大と異なり、
難関国公立は総合力、つまり①基礎知識をもとに、②問いかけに対し、理解したことを正確に伝える(答える)力が問われます。

高1、2では①をしっかりかため、高3に入ってから、②を過去問や志望校の出題形式と似た問題をたくさんこなすことで身につけていきましょう。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。いつも読んでいただきありがとうございます!







関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます!
とても参考になりました^^
やはり学校の授業は大切ですね。
今は基礎知識の定着を目指して、頑張りたいと思います!
2008/03/29(土) 18:29 | URL | りか #C605pSTg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/271-9187341d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。