東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新の合格体験記も発売されはじめましたね。


もうすぐ6月、受験シーズンまで実質7カ月になるというのに

志望校合格するには勉強が足りなさ過ぎて、

受かりたい気持ちは十分あるにもかかわらず、

何から手をつけたらいいのかまったく今はわからない人が、

最優先すべきことは、何だと思いますか??

それは、

合格体験記を読むことです!!


まず、勉強法は

最初からすべて自分で考えないといけないもの

ではありません。



難関大学の合格者というのは、だいたい自分なりの勉強法を確立しています。

しかし、他の人の力を借りずにそうできたひとは少数派でしょう。


では、どうすれば、自分なりの勉強法を確立できるのでしょうか?


それは、合格者に話を聞いたり、

合格体験記を読んで、合格した人のやり方を真似ることによって身についていくのです。


合格体験記を読むメリットは、

1、合格者のやり方がわかる

→自分の勉強法を確立しやすくなる

2、合格までのスケジュールがつかみやすい

→いつまでに何をすればいいのかイメージしやすくなる



もう合格体験記を読むしかありません!!


今年発売の合格体験記ばかりでなく

過去2年~3年分の合格体験記も読めば、

歴代の?難関大学合格者がよく使っている問題集なども大体わかってきます。


読んでみても、みんな勉強法が違うでしょう。

それでいいのです。むしろ、それがいいのです。

得意科目・不得意科目も環境・生活パターンも人それぞれなのだから、当然です。

大事なことは、

志望校合格を実現した成功者を真似ながら、

自分がもっともやりやすい方法を試行錯誤しながら見つけていく
ことです。

進学校ではない、近くにいい予備校・塾がない人の基礎固め・志望校対策のやり方や

通学時間が長いとか、部活と両立していたなど
自分と環境や生活パターンの似ている合格者の時間割・タイムテーブルを真似したり、

苦手科目が同じ方の克服法を真似したりなど、

通読するだけでなく、テーマを絞って拾い読みするなど読み方を工夫すれば、

さらに多くのことが学べます。


最初から勉強法が確立できている人などいませんので、

不安になる必要はまったくありません。



できれば、合格体験記を読む前に、

1、苦手、不安・悩んでいる問題点などを紙に書き出し、

2、体験記を読む際には、特にそれを意識
して読むとよいでしょうか(合格体験記の予習)

問題を解決するためには、その前に、問題を発見することが不可欠です。

このブログを読まれている時点で、すでに「問題」を発見されているわけですから、この点に関しては自信をもってよいと断言できます。


合格体験記は、買った際に、一回読んで終わりという本ではありません。

たとえば、勉強が行き詰ったとき 合格者のスランプ克服法だけをざっと読み返すことで、

スランプ脱出の手がかりを発見できるでしょう。

テーマを絞って読むと、最初読んだときはさらっと流していたフレーズが

すごく重要なメッセージだったと気づくこともできるでしょう。


まだ合格体験記を読んだことがないという人は、

入手できる合格体験記を今すぐに買って、早速、プランニングを始めてください!


一方、持っているけど、一回読んだきりの人、テーマ別に読んでみてください!!


合格体験記をフル活用して、

要領よく学習を進め、志望校に合格しましょう!



あと、恥ずかしいでしょうが、

クラスの中で、成績トップクラスの人たちはどういう勉強をしているのか

いろいろ聴いてみるのもよいと思います。


使えそうなやり方、これはいいと思ったものからどんどん実行しましょう。

「いいとこ取り」でいいのです。


出遅れている方、

合格体験記を読んで、遅れを取り戻し、志望校に絶対今年合格しましょう!



大学受験に限りませんが、

できる人の真似をすることが、合格への最短ルートです。

頑張ってください!!

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!




関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/267-2a1fcb8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。