東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志望校が自宅から通えるところにない方向けの記事です。

試験会場に自宅から通える人は読み飛ばしてください!


ここまで、一生懸命がんばったのに、試験本番の当日に試験問題以外で足をすくわれるわけにはいきません。
試験直前で大事なことは学力を維持する環境を手に入れることです。

志望校が自宅から通えない遠隔地にある方は、勉強以外にも、宿泊等の準備をしなければなりません。

今日本でもっとも有名な高校教師である中学校・高等学校 英語科の木村達哉先生が、キムタツブログで、2月7日にホテルでの過ごし方(基本編)、2月8日にホテルでの過ごし方(実践編)を書かれておられますので、お読みになってください。

まさにおっしゃるとおりなので、少しだけ付け加えておきます。


ホテルでの学習環境について

直前には、準備した教材をさらっと見直す程度でいいと思いますが、ホテルの部屋によっては、室内が勉強できる明るさでない場合があります。
また、机が小さく教材を広げて勉強できない場合があります。

そのような場合も、遠慮せず、フロントに内線をかけて相談しましょう。


連泊する場合の学習場所について
いうまでもなく、ホテルは受験生だけが泊まるわけではないので、上記のとおり、学習環境はよいとはいえません。

複数の大学もしくは学部を受験する場合で、往復すると疲れるし、交通費もかかるので、そのままホテルに連泊するという方もいらっしゃるでしょう。

その場合、大手予備校などに行っている人は、東京にあるその予備校の校舎の自習室を使うというのもひとつの手ではないでしょうか。

ホテルではほとんど落ち着いて学習できなかったという記憶があります。


交通について

最近、東京は、週末になると天気が崩れています。

また、日ごろから朝のラッシュ時は、電車は遅れがちです。

さらに、同じ駅内での乗り換えも5分以上歩かないといけない場合もあります。

電車での所要時間を時刻表より多めにみるばかりでなく、完全に止まった場合は、タクシーに乗り換えることも考え、タクシーでの所要時間なども調べておきましょう。お金も多めにもっておきましょう。



少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
木村です。トラックバックありがとうございます。また補足もありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願いします。
2008/02/10(日) 17:51 | URL | キムタツ #mAxZjF0g[ 編集]
木村先生、大変お忙しい中、わざわざご丁寧にコメントありがとうございます!

感激です!

こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2008/02/24(日) 21:11 | URL | ohisha #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/261-15f86d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。