東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の追い込みに全力をあげている受験生の皆さん、お疲れ様です!


文系も理系関係なく、この時期にやってはいけないことをまとめてみます。


1、あきらめること

最後は気力の勝負です!同一学部を受ける受験生の学力はほとんど変わりません。

試験中も含め最後の最後まで、すなわち試験場で試験官が「やめ!」というまで集中力を持続させることができる人が抜け出します。

あきらめる理由を探す暇があったら?、演習・本番ともに、一心不乱に目の前の問題を早く正確に解くことに全力をあげましょう。


2、新しい問題をとくこと

この時期、新しい知識をインプットしようと思っても、あせりもあり、その知識を定着させることはきわめて困難です。

本番で、やったことがある問題は絶対に間違えないようにするためにも、いままでの志望校対策の模擬試験や演習問題をときなおし、本番で、似たような問題が出たら、相違点に留意しつつ、早く正確に解けるようにしましょう。


(誰もできなかったし、できそうもない問題を除き、)間違えた問題は徹底的につぶしておきましょう!

やってしまいがちなケアレスミスもメモして、本番で同じ過ち?をくりかえさないように、直前に見直しましょう!


3、睡眠時間を削ること

本番でもてる力を最大限発揮できるようにしておくことが重要です。

うがい手洗いはもちろん、睡眠もしっかり(6時間以上)とって体調管理を万全にしてください。

皆さんご存知だと思いますが、本番に備え、朝型の生活にしておきましょう!


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。







関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/260-22f53407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。