東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥取県の公立進学校に通う高二の方からご質問をいただきました。お返事大変遅くなってすいません。


質問なのですが、
ぼくは大阪府立に行きたいと思います。しかし、進研模試のデータでは7月の時点で65の偏差値が必要です。
今回の模試では、英語数学は全国偏差60なのですが、国語は56と国語があまりよくないです。
あと、予備校の先生のご指導に沿って、今は英語と数学しか勉強していません。
なので生物、日本史は壊滅的です…

なので、これから入試までに、入試に合格するには一体どんなことをすればいいのか。
あと、国語の古典、漢文の勉強法
日本史、生物の勉強法を教えていただけたら幸いです。

古典は、文法は少しなら分かりますが、古語単語をあまり覚えてないので、文章が全く理解できません。

漢文も、文章が全く理解できません

公立に合格する可能性を最大限高めるためには、全科目まんべんなく学習することが不可欠です!

学習時間をいまより毎日プラス1時間を手が回っていない科目、苦手分野対策にあててみてはいかがでしょう。週末はさらに生物、日本史古文漢文各1時間ずつやってみてはいかがでしょう?

古文は文法と単語ができれば、自動的に点数を稼げる科目です。文法が少ししか分からないのは致命的です。まず、きっちり文法をマスターしてください。古文単語も単語集を買って、毎日10ずつ覚えるようにしてみてはいかがでしょう。

高2段階では、授業の予習復習もしっかりやりましょう。その際に、分からない文法・単語を調べて、授業中に解決するようにしてください。
授業を聞いただけで分からなければ、先生に質問してください。

漢文も構文さえ理解すれば、得点源になります。学校の教材でしっかり覚えるようにしてみましょう。


日本史はまず全体像を把握することが大事です。苦手なら、まんが日本の歴史を図書館などで通読してみてはいかがでしょう。教科書を読むだけでは理解度チェックがこんなんですので、簡単な問題集を解いて、アウトプットしながらおぼえていきましょう。

生物はよくわからないので、コメントを差し控えますが、高2の間は学校の授業ベースでいいと思います。3学期からはZ会のセンター対策とかをとりはじめるとバランスよく学習できると思います。


ちなみに、模試の偏差値についてですが、難関大志望者は、駿台・河合を判断の参考にしてください。それ以外は、甘めにでるので、慢心してしまうおそれがあります。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/255-0ce0030b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。