東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の途中まで部活やってた高3の女です
予備校に通い始めます!
夏は夏期講習いきましたが
引退試合とか部活が大変で
日本史はそこまでやってません!!

これから予備校で江戸の改革から先までやるんですけど古代とかはどうやってやればいいのでしょうか…

とのご質問をいただきました。
夏期講習でやってほしかったというのが正直なところですが、そんなことを言っていられません。


江戸の改革から先までというのが、近現代史のことだと思いますが、古代・中世・近世もしっかりやっておかねば、到底入試には太刀打ちできません。

学校で日本史の授業はそれなりに聴いているのであれば、問題演習をやりながら知識を定着させるのがよいのではないでしょうか。

学校の勉強でどこまでやっているかにもよりますので、予備校の教務担当にも相談されてみてはいかがでしょうか。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この時期からだったら、教科書を1から覚えるよりも、
問題演習を中心に、問題によく出るところを重点的に勉強するのがいいのではないかと思います。
2007/10/06(土) 05:23 | URL | S・よしだ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/254-8515acb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
大学受験勉強法 (主に文系)どうせ勉強するのであれば、やみくもに時間を費やすのではなく、1、最適な学習計画の作成2、科目別学習法の早期確立を通じ、効率的かつ効果的な、志望校に合格するための受験勉強法(知識習得法でもあります)をサクサクっと築き上げ....
2007/10/05(金) 14:30:38 | お父さん お母さん 受験勉強はチームプレイです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。