東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※平成18年3月8日記

文系向けの勉強法サイト・ブログが少ないことを憂慮し、大学受験勉強法ブログをひっそりと立上げました。


 勉強にも「やり方」があるということは、あの「ドラゴン桜」の大ヒットのお陰で、少しずつ知られてきましたが、未だ世間一般に共有されている情報とはいえず、何せ「ドラゴン桜」は理系学部を目指しています。

 文系と理系では受験科目及び求められる理解のレベル・試験における得点配分が異なるのに、
同じ勉強に甘んじていてよいはずがありません。
 この「やり方」は、いわゆる全国有名進学校に在籍のうえ、成績上位の生徒には体得されているものですが、彼ら彼女らにとっては「常識」であり、他の人にいちいち説明するほどのものとは捉えられていませんでした。

 いわゆる進学校だからといって、全員の成績がいいわけでなく、勉強していない人はヒドいので、進学校に通っていないからといって卑下する必要は全くありません。
 そもそも、受験は個人戦であり、団体戦ではありません。
 要は、どこに行っても慢心せず、あきらめず、希望をもって、夢・目標に向かってコツコツと努力することが重要なのです。

 しかし、「格差社会」だとか、大学全入時代といわれ、「ゆとり教育」や学力低下が進行し、教育を他人任せにしてよい時代は終焉を迎えたといわざるをえません。
 
(いうまでもないことですが、受験勉強には学校の先生や塾・予備校の講師、応援してくださるご家族、よきライバルや、共に頑張る友人たちの力を借りずして、できるものではありません。他人任せにしないことと、他人の力を借りないことは全く異なります、念のため。)

 つまり、大学受験勉強においても、積極的な「創意工夫」、果敢な「試行錯誤」が必要になります。(勉強を始める前には、自分に最も最適な勉強法など存在しません。日々の学習を通じて、改善を重ねていく中で、受験の数か月前に自分にベストな勉強法ができ、一気に成績が急上昇するのです。)

 したがって、高校段階から、自分こそが自分の人生のプロデューサーであるということを認識し、人生設計の中に大学受験勉強をしっかりと位置づけることが不可欠になったと判断しました。


 そこで、「自分で考えて主体的に勉強をやらなければいけないが、何から始めて良いのか分からない」という、やる気はあるにもかかわらず、勉強の内容以前に、具体的な勉強法・勉強の仕方・やり方が分からないと悩む受験生の皆様や、お悩みの受験生がいらっしゃるご家族の方に、微力ながら、お役に立つことを目的に立ち上げ、隙間時間を使い、できるだけ更新しています。

 
 このブログを見てくださった方が、やみくもに「学習」に時間を費やすのではなく、
1、ライフスタイルに適った学習計画の作成
2、時期別および科目別学習法の早期確立

を通じ、自分にとってのベストな効率的かつ効果的な受験勉強法を築き上げられることを目標にしています。

 分からないことは、受験生の方の成績状況・学習環境などに精通している高校の先生や、予備校のプロ講師・教務スタッフにどんどん質問することをお勧めしていますが、このブログでも質問・相談受付はしています(受験生の方を惑わせないように、分からないことはきちんと分からないとお伝えします)。

 自分で少し考えたり悩んでも(全く考えないのはダメですよ)、対処法が分からなかったら、遠慮せずに、また恥ずかしがらずに質問してみましょ~。すぐに解決しなくても、きっと解決の手がかり・ヒントは見つかるはずです。
 
 このブログを見てくださった方が、勉強はもちろん部活それ以外も充実した有意義な高校生活を送られ、当面の目標である大学受験における志望校合格されることを祈念してやみません。

 また、大学に入学されても、研鑽を重ねられ、その先にある就職活動・各種試験における成功、さらには人生の夢実現・目標達成をされれば、これに勝る喜びはありません。




※平成19年5月6日追記

平成19年以降は更新回数が激減していますが、基本的にご質問には今後もできる限りお答する予定です。ただし、メールで返事をくれなどというご依頼にはお応えできかねます。また、一つのコメントで一つの質問にしていただけると幸いです。

原則として、はやりの問題集を紹介するにとどまるような短期的な勉強法というよりは、少々年月が経っても十分耐えうるオーソドックスな勉強法を紹介しているため、過去の記事も今なお有効だと考えています。所詮参考書・問題集は相性とういうものがあります。ご自身で、合格体験記や先生・先輩方のアドバイスをもとに、ご自身で書店等で難易度、ボリューム、解説・索引の充実度などを勘案した上で、自分に必要かつ十分というものをこなすことが重要です。

サイドバーも充実させ、受験に役立ちそうな本・通信添削をはじめ大学受験から入学までの流れで必要な資料を簡単に取り寄せることができるようにしました。


すべての記事は、あくまで個人的見解にすぎませんので、他の合格者の方の最近の合格体験記等とあわせて読むことで、さらなる有効活用が可能です。


大学受験はたしかに大変ですが、受験勉強を通じて自分なりの知識習得法を身につけることができれば、社会人になってからも役立つと思います。

サイドバーに情報整理本も載せておりますが、たくさんの模試や学校の試験・通信添削等の問題を日ごろからきちんと整理し、復習をするときに、検索タイムが短縮するようにしておくことがライバルに勝つために最低限やるべきことです。

頑張ってください!!


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/253-b00286d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。