東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センター試験の結果が判明し、喜んでいる人もいらっしゃれば、落ち込んでいらっしゃる人もいるでしょう。

終わったことは、よかろうが悪かろうがどうしようもありません。センター試験が全てではありません。

全受験生は、2次試験に気持ちを切り替えなくてはなりません。

大事なことは、
志望校に受かりたいという気持ちを持って果敢にチャレンジすることです。

D判定以上であれば、合格する可能性はあると思います。受験を回避すれば、合格の可能性はゼロです。

センター試験のできがよくなかったからといって、志望校を変更する方がいらっしゃいますが、志望校対策は短期間でできるものではありませんので、変更したから合格するとは限りません。志望校でもない大学にそっぽを向かれたらいやじゃないですか?
できるだけ、今までしっかり対策をとってこられた本命を受験されることをお勧めします。

そのほうが後で後悔しないと思います。自分の意思を基準にするのか、センター試験の点数を基準にするのかでは、モチベーションが違ってきます。ここは強気で行きましょう。

しっかり今までやってこられていれば2次で逆転ということもありえます。センター試験がよかった人の中には、センター試験対策はしっかりやったが、志望校対策はそうたいしてやっていない方もいるかもしれません。

模擬試験では優秀者の常連なのに、志望校の受験という本番で緊張しすぎて、センター試験がよくても自滅する人も少なからずいます。

センター試験が少しよかったくらいで慢心している人を、ひたむきに努力を重ねれば追い抜くことも可能です。


のちのちの人生で後悔しないよう、とりわけ最後の最後までのびる現役生には頑張っていただきたいと思います。


試験の最中にも、もうだめだと思うことが何度かあるでしょう。しかし、論述問題であれば、部分点がもらえることもあるし、みんなができていなければ、大きな痛手にはなりません。しょせん、相対評価ですから。
試験終了の合図まで、全力でお願いします。


真剣に取り組めば、本番の緊張感を味わえるだけでも大きな収穫ですので、万が一今年がダメでも来年の合格はぐっと近づくはずです。


普段の学習をしっかりしておけば、本番で、今までにやったことのある問題もしくはその類似問題が出て、逆転勝ちということも多いにありえます。実際、私の友人にそういう人もいました。

最後の最後まで何が起こるか分からないのが大学受験です。

体調管理に万全を期し、これまでの思いを全てぶつけて正面突破をされることをお祈りいたします。


本番直前まで、あきらめず、今までやったことをできるようになるまで何度も反復すること。これが合格の秘訣だと信じています。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/242-3943cd89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。