東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間に、12月中旬になりました。

受験生の年末年始の過ごし方についてまとめてみます。

年末年始にすることが分かっていれば、
今のうちに何をすればよいかおのずと分かってくるでしょう。

1、大事なのは体調管理



この時期になると、大事なのは、体調管理です。

無理に夜遅くまで勉強するのではなく、ありきたりですが、早寝早起きで、センター試験、志望校入試の本番を意識して規則正しい生活を送りましょう。

うがい・手洗いをしっかりしましょう。

どんなに頑張っても、試験当日の体調が悪くて、実力を発揮できなければ、これまでの頑張りが実を結ばないという大変残念な結果になってしまうからです。

2、勉強は復習オンリーで



いまさら、新しいことをやっても、試験で使えるようにはなりませんので、復習に徹してかまわないと思います。

センター試験受験者は、そろそろ難関大受験生といえどもセンター試験対策一本に絞ってよいと思います。


まずは、これまで受けたセンター試験型模試を解き直し、

穴をなくすと同時に、本番に慣れましょう。


優先順位は、

1出題範囲が全範囲の大手予備校の模試、

2出題範囲が分野別の模試

という順番で、(時間的余裕のない人は1だけでOK)

結果のよくなかった回のものから順々に解くと、効率的な復習が出来ると思います。

ただ、勉強が全くできていない人は、
いきなり全範囲の模試の復習をしても時間がかかるばっかりになるので、
分野別の模試をきっちり復習してから、
全範囲の模試の復習をしたほうがよいでしょう。

一日で全科目に目を通せるよう努力してください。
遅くとも2日で1つのテストの解き直しが終わるようにしてください。

模擬試験の直後に復習をしていれば、解き直すのにかかる時間は、そんなにかからないはずです。


この際の復習で間違えた問題は、ポストイットを挟むなりして

本番前に、もう一度見直せるように
しておきましょう。


また、自分に間違えるクセがあれば、ノートにまとめ、

同じ過ちを繰り返さないよう、本番前にも確認
しましょう。


また、過去問の見直しもしましょう。

直近の過去問は、出題内容というよりは、問題形式が参考になると思います。

解く順番や、時間配分なども本番でうまくいくよう問題をみながらシュミレーションしておきましょう。


どうしても覚えられないものは、この時期になるとクソ暗記することも必要です。

移動時間などの隙間時間を使って、語呂合わせなど活用しながら覚えましょう。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/25(金) 16:54 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/15(金) 16:38 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/03(水) 04:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/239-18a4aabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。