東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立高2のミッチーという者です。
僕は英語が好きなので外国語学部に進もうと考えています。
勉強法の前にお聞きしたいのでが、南山大学英米学科は全国的に有名でしょうか?またレベルはどのくらいですか?

本題に入りますと、とにかく英語関係の学部に進みたいと思っています。志望大はおそらく南山大学英米学科にするつもりです。
もちろん英語は最重要なのでこれから具体的にどのように勉強していけばいいか教えていただくと参考になりありがたいです。
また、一般入試では英語以外に国語と日本史or数学の2科目もありますのでそちらも教えてもらいたいです。そこで質問なのですが、一般入試では日本史か数学のどちらを選択するべきでしょうか?

また南山大学には一般入試のほかにセンター併用マルチ入試(センター50)とセンター利用入試(センター100)というのがあるみたいなんですが、定員がそれぞれ順に27人、6人と明らかに少ないんです。
一般入試と合わせてこの二つも受験するのはあまり得策ではないですかね?

ちなみに模試の偏差値は(進研模試で)英語・数学:45、国語:60です。

たくさんお聞きしてしまいましたがよろしくお願いします。

とのご質問を頂きました。
1、南山大学英米学科が有名かどうかについて

大変申し訳ございませんが、お答えできかねます。有名かどうかというよりは、ご自身の人生設計の上で、適切な選択かどうかという観点からご検討されることをお勧めします。

レベルについては、学校や予備校の先生などに相談するなどすれば、すぐに分かることだと思います。

ご自身でまず調べるというクセを身につけておかれると、今後の人生においても手間がかからず、効率的に物事を進めていくことができるのではないでしょうか。


2、英語の勉強法について

現段階でどのような勉強をされているのかが分かりかねますので、お答えのしようがありません。

教えていただいた模試の偏差値から判断すると、おそらく勉強量が足りないのではないでしょうか。

取り急ぎ、現在受けた模試の成績表を見直して、何が足りないという分析がなされているかを見れば、おのずと何をやればいいかが分かると思います。

単語や文法を覚えていないのであれば、覚える努力をするなどです。

3、日本史か数学か

得意科目を選択されるとよいと思います。
また、本番での配点も参考になると思います。
数学の場合、おそらくマークだと思いますが、大問の最初のほうで、つまづくと、連鎖的に間違え、失点が大きくなると思います。

その点、日本史のほうが、連鎖的に間違えるという危険性は低いと思います。


4、センター試験利用入試との併願について

どうしても南山大学外国語学部に行かれたいのであれば、全て受けるという選択肢もありだと思います。

しかし、センター試験利用入試は、国公立志望で、センター試験対策をしっかりやっている人が、私大対策の負担を減らすために活用するのが、通常だと思いますので、私立文系型の方がいきなり挑戦しても、簡単に受かるものではないと思います。

おそらくセンター試験利用入試を受ける方は、国公立が第一志望ですので、悪く言えば、滑り止めですので、定員の数倍の合格者は出ると思います。

5、終わりに

以上長くなりましたが、
学校の先生などにもよく相談すること
現状を分析し、弱点を補強すること
の2点が重要になってくると思います。

外国語学部は、英語の得意な方が集まる学部ですので、現段階では、極めて厳しいと思いますが、今からこつこつやれば、まだ間に合うと思います。

辛らつなことばかりを言いましたが、是非とも受かっていただきたいという気持ちで、真剣にコメントさせていただいたためです。

気を引き締めて最後まであきらめず、頑張ってください。



少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/233-34aa2228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
受験勉強についての情報ブログです。受験勉強に困ったらのぞいてみてください。
2006/11/07(火) 09:33:02 | 受験勉強の極意
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。