東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期テスト前の効率のいい勉強のしかたが全然わかりません。
いままでは一応教科書とノートにかいてあることをルーズリーフにまとめて勉強、結局最後までまとめることができずそのまとめられしてたんですが、ものすごく時間がかかってしまいなかったところはノートを少し読み通すくらいしかできません。
どういう勉強のしかたがいいのか教えてください。
よろしくお願いします。

とのご質問を頂きました。
おそらく、多くの人が陥りがちなパターンだと思います。

ルーズリーフにまとめるとなると、かなり時間がかかるので、私は、詳説世界史ノートを使っていました。

できたら、学校の授業で習った部分を、その日(遅くともその週)のうちに、詳説世界史ノートを穴埋め問題集形式で解いておくのがよいのではないかと思います。

それでも、さらに余裕のある方は、問題集を解いたりするのもよいでしょう。

定期試験の1週間前から、その問題集を解きなおして、詳説世界史ノートを何度も見返すようにするとよいでしょう。

日本史についても同様のことが言えると思います。

ルーズリーフにまとめなおすなど全てを最初から作るというよりは、市販のものに改良を重ねていくほうが、効率的かつ効果的だと思います。

要領がいい人は、手を抜いていいところで、きちんと手を抜いています。

ルーズリーフにまとめる場合、きれいにまとめることで頭が一杯で、意外と知識は定着しないと思います。

反復徹底(たとえば、詳説世界史ノートを何度も見直すこと)こそが、知識を定着させるために有効だと個人的には思います。

合格体験記などを読んで、他の方はどうやっているのかなども参考にしてみてください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。
















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/229-f82e570b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。