東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中部地方の県立高1年の方から、

志望大を東大/京大と大まかに決めました。しかし、東大2次に必要な受験科目である日本史or地理(世界史は2・3年で履修)と、京大2次に必要な受験科目である数Cが3年間で履修できないことに気付きました。担任には「学校の授業を受けずに受験できるほど甘い内容ではない」と言われ、困っています。
今は最寄の河合塾に通おうかと思っていますが、3年以降でないと講座が開講されず受験までに間に合いそうにないということと、塾に時間を取られて他の教科の勉強がやり辛くなってしまいそうなことが気がかりです。どうすればよいでしょうか。

並行して、長い目でみた学習計画をどのように立てたらいいか分かりません。ちゃんとした?進学校では高2で一通り習い終わるようなので、自分も学校のペースを追い抜いて勉強しなければいけないのは分かるんですが、具体的にどのくらいにするべきでしょうか。やっぱり、他の学校のペースに合わせたり、予備校でペースを作ってもらうべきですかね?

とのご質問をいただきました。

高1の今の時期から、しっかりと大学入試まで見据えていらっしゃるのは、すごいと思います。おそらく学校で成績トップクラスではないでしょうか。
おそらく地域ではトップの公立校に通われていると思いますが、志望校である東大・京大に過去に数人しか合格していないことから、不安になられるのもごもっともです。

その東大・京大合格者も文系の方ならともかく、理系の方であれば、東大・京大の文系に行くのは、極めて困難といえます。

また、社会にしても、高校の授業をただ単に受けただけで合格点に到達するほど甘くはありません。

しかし、質問してくださった方は、高1ですので、まだ間に合うと思います。

学校の勉強をしっかりしないといけないのは確かですが、学校の勉強だけでは足りない場合、予備校などの活用は大いに検討するべきだと思います。

塾の活用が困難であれば、通信添削を活用されてみてはいかがでしょうか。お勧めする理由については、このブログの他の記事、特に予備校等活用法のカテゴリをご覧になるのもよいかもしれません。

通学時間がかからない、ペースメーカーになりやすい点に加え、有名進学校の生徒も多数利用しているという点で、Z会はお勧めです。

大手予備校でも、衛星放送を使った講義などもあるはずですので、念のため情報収集されてみてはいかがでしょうか。

学習スケジュール作成には、合格体験記なども参考になると思います。下記のリンクにある合格作戦などを今のうちに一通り読んでおかれるとよいでしょう。

勉強時間については、高1の段階にしては、しっかり確保されており、合格の可能性は充分にあると思います。

季節の変わり目です。
体調に気をつけて、頑張ってください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。

















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
英語の勉強法には段階があります。まずは英単語を覚えること。そして熟語や文法を覚え、英文構造を覚え、長文読解に慣れること。コツコツやればやった分だけ英語は成績が上がる科目だと思います。
http://www.purple.dti.ne.jp/jukensoudan/newpage54.html
には英語の具体的な勉強法が詳しく書かれていました。ぜひ参考にしてみると良いと思います。
2006/10/05(木) 02:48 | URL | 小林 真二 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/228-028391a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。