東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっそく、9月に何をやるべきか考えてみましょう。

9月にやるべきことは、

まず、

1、夏休みのやり残しを潰すこと

です。

たとえば、夏休みの間に受けた模擬試験や、予備校の講習の復習はもうお済ですか?

どんなにいい模試を受けても、どんなに素晴らしい名講師の講義を聴いても、

復習をして、身に付けなければ、単なる時間の無駄遣いになってしまいかねません。

学校や予備校の進度がスピードアップすると、

時間確保が困難になりますので、

必ず9月中に終わらせるという強い気持ちで取り組まれることをお勧めします。

2、本格的な志望校対策・センター試験対策



いよいよ、重要です。1と2は、必ず1を先にすべきということはなく、

同時並行で構いません。

というか、1は、本来夏休みが終わるまでに済ませておかないといけないことですので、

学校などの予習復習にあてる、普段の最低限の学習時間以外の時間を使って、

すなわち、学習時間の増加によって補うべきでしょう。

センター試験・二次試験両方の過去問を解いて、

頻出分野などの出題傾向を把握したり(余裕があれば、出題予想も)、

志望校型通信添削なども本格的に始める必要があると思います。

お勧めしている通信添削のZ会のセンター試験対策も、

それまでの範囲指定型から全範囲型に変わります。


全範囲型の問題を解いて、分からなかったり、記憶が曖昧なところは、

復習の際に、範囲指定型の該当部分の問題を解いて、効率的な復習をしましょう。

このブログで何度もいっていますが、

年明け以降は、復習に専念し、新しいことを始めることは、お勧めしていません

(但し、以前から続けている通信添削を解いて提出することを除く、念のため)。

ですから、実質、9月、10月、11月、12月で

全てを一通り終わらせておかないといけない
ということです。

過去問を解くことは、重要ですが、かといって、過去問を解いただけでは、対策として不十分でしょう。

まだ、一度も目を通したことがないという方は、

10月が終わるまでに、最低でも5年分は終えてください

(できれば10年分やれるとベストですが、市販の過去問集を一冊終わらせればよいと思います)。

そして、できれば、今年1年のセンター試験型模擬試験を全て(駿台、河合のもののみでよい)解き直し、さらに、余裕があれば、予備校各社から出ている予想パックを一つ終わらせておけば問題はないと思います。

模擬試験を全部解く時間のないという方は、

直前模試など、出題予想がなされているものから、全範囲型の模試→範囲指定型の模試というふうに、ときなおされていくとよろしいかと思います。

学習があまり進んでいない方は、復習を含めると、かなり時間がかかるかもしれませんが、

到達しないといけないレベルを把握するためにも重要ですので、

根気強くやり抜かれるとよろしいかと思います。

お1人お1人、現在の学習状況が異なると思いますが、

どなたにも当てはまるのは、センター試験と2次試験対策のバランスを上手に取って頂きたいということです。

現役生はもちろん、去年過去問対策をきちんとできなかった浪人生は、センター試験で痛い目を見ないよう、センター試験対策も早めに手を打っておく必要があるでしょう。

一方、浪人生で、去年、過去問対策をしっかりやり、すでに、1学期にセンター試験の過去問などを解いていたという方は、12月頃まで、2次試験対策に比重をおいていて大丈夫でしょう。

学校や予備校の講義の予習復習、その他通信添削などがあれば、そんなにたくさんはできないでしょう。

いずれにせよ、1学期や夏休みに使った問題集などをもう一度解き直し、再度出来なかった問題は、年明けにもう一度見直せるように、付箋を貼るなどチェックしておきましょう。

問題演習をする際にも、入試本番を常に想定し、答えを出すのにかかる時間を短縮させるということも意識し始めなければならないと思います。

本番であせって、頭が真っ白にならないように、

模試を受ける際も、時間内で最も効率よく解くためには、どういう順番で問題を解いていくのがよいか、

どういう時間配分がベストかを考えられるとよいかと思います。

たとえば、英語で、リスニングが始まる時間が決まっていれば、それまでに、どの問題を終えておくかということです。

本番まであっという間です。

本番までの時間を逆算して、

今、最優先するべきことは何かを常に意識して、頑張ってください。




少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。


最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/225-89bbf65f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。