東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター試験のリスニングについてなのですが、同じものを何度も聞くべきでしょうか?あるいは異なるものを聞くべきでしょうか?
 また短文・長文どちらがよいのでしょうか?


とのご質問を頂きました。

センター試験英語のリスニングについては、灘高のキムタツ先生の本がありますので、そちらをお読みになられるのがベストだと思います。

左が基礎編で、右が実践編です。



個人的には、本番の試験と同程度の長さ・難易度のものに慣れることが重要だと思います。

リスニング対策学習の最初の頃は、耳を慣らすためにも、同じものを何度も聞くのも致し方ないと思います。

その一方で、ある程度の量もこなさないといけないと思います。

結局、自分でリスニング能力が身に付きそうと思われる方法を
早く見つけ出すしかないと思います。

まもなく、九月になります。
本番での時間配分なども意識しながら、頑張ってください。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。ランキングが急降下中ですので、お力添えよろしくお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/222-ba7a32d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。