東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の語法ですが
OOAB V+O+to do 二重目的語
自動詞・他動詞
形容詞の語法や代名詞の語法
(イディオムは英熟語をやっておけばそこそこOKだと思いますけど)
がありますが比較などは例文を書いて覚えていったもののこのような種のものは書こうと思えばすごい大量の英文になってしまいそれは止めようと思いました。そこで質問なんですがこのような語法などはどのように覚えたら良いんでしょうか?声に出して読んだり問題文を読むだけで大丈夫なんでしょうか?
また、文法問題集ですがこのサイトでは駿台の新英頻を薦めていますが僕は一年の頃から桐原の1100を使っています。
1100 は基礎~入試の標準で一部難問が入っているという程度なのでこれが終ったらZ会の語トレ戦略篇or新英頻(英文法ナビゲーターと併せて)を使おうと思っているんですが1100を最低でも90%習得したとしても新英頻についていけるのか不安です。アドバイスお願いします。

基本的に、英語の勉強法については、灘高のキムタツ先生のブログを読まれたり、そちらで質問されるほうがよいでしょう。

覚えるためには、目で追いかけ、手を動かし、口を動かし、耳を研ぎ澄ますしかないと思います。

読んだだけで覚えれないのであれば、書いて覚える必要があると思いますが、読んで覚えられるのであれば、全部書く必要はないでしょう。

全部書こうとせず、どうしても覚えられないものだけ何度も書いて覚えるというのはいかがでしょうか。

文法問題集についてですが、私は、駿台の新英頻を使ったというだけであって、志望大学学部によっては、そこまでやらなくても充分ということもありえると思います。



受験勉強というのは、志望校に受かるための勉強ですので、お1人お1人によって、やらなければならないことというのは、異なってきます。(そのために、質問してくださる方に、予め志望校などを教えていただくようお願いさせてもらっています。詳しくは、左サイドバーのカテゴリ「ご質問・ご意見・ご要望はこちら」をご覧ください。 )

質問してくださった方の志望校によっては、使う必要のないということも充分考えられます。

志望校が入試の標準レベル、おそらく中堅私大レベルと創造しますが、であれば、今使われているものを中心にやれば足りるでしょう。

英語に関しては、桐原は非常にいいと聞きますし、語彙語法は私自身も桐原の教材を繰り返し使っていました。

ポイントは、複数に手を出すよりも、一冊をきちんと仕上げることです。一冊を2、3回は解いて、分からない問題がなくなってから、次の問題集に移りましょう。
2回目、3回目のときは、間違えた問題や、よく分からなかったため勘で解いた問題のみを復習すればよいでしょう。


今やっている問題集を完璧にすれば、仮に新英頻を使用されるにしても、所要時間が大幅に短縮されると思います。

もっとも、新・英頻は、古いので、最近の受験傾向に合わない問題集になっているかもしれません。
著者の伊藤先生は、すでにお亡くなりですので、少なくとも最近の傾向をおそらく反映していないでしょう。
ですから、志望校の入試問題に明るい学校の先生や予備校講師などに色々と相談されたり、志望校合格者の大学合格作戦などの合格体験記を読まれたりされるとよろしいかと思います。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。人気ブログランキングで順位急降下していますので、お力を貸してください。また、クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/218-b979103c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。