東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今本気で東大文I、国家公務員を目指している高校2年生です。ですが中-の頃から勉強という勉強を一切しておらず悲惨な状況です。6月にあった定期試験の結果が返ってきたのですが、もう本当に絶望的です。なので、その後日から勉強をし始めることにしました。
塾や学校の先生からは
「この夏を大切にして本気で頑張っていけば大丈夫」
と言われたのですが成績からみてとても心配です。
今、大学入試指導センターという塾に通っていますがどうでしょうか?塾の形態としては、少しでもわからないところはFAX ・ 電話質問、個別質問、国、数、英、小論文通信添削、公開模擬試験、特別コース(無料の補習授業のようなもの)、自習室、と言った感じです。
英語の補習課題(中一からの復習)、学校の課題、塾の学習があるのですがどれから優先してやっていけば良いでしょうか?
これで本当に本気で頑張れば東大文Iいけるでしょうか。本気で悩んでいます。アドバイスお願いします。

ずばり結論について
行けるかどうかは世の中の誰にも分かりませんが、本当に行きたいのであれば、行けるように必死で誰にも負けないくらい勉強するしかありません。
行けるように頑張りましょう。
幸いにも、通われている高校から、東大文系に現役で合格されたという実績もあるので、学校の先生等にこれからも相談・質問されるとよいでしょう。

不安の払拭について
どんなに模試で優秀な成績をすでにとっている方でも、本番はもちろん、合格発表までは程度の差こそあれ、不安を感じているはずです。
その不安を最小限にするために、普段の学習をしているといっても過言ではありません。
不安であれば、今すぐ勉強を始めてください。

学校の成績について
成績はともかく、受験に使う科目は、全て受講されているので、これからは、学校の授業の予習復習もしっかりするようにしてください。人の2倍以上勉強されないといけないはずですから、どんなに大変でも、過去のツケ対策も両方やる必要があると思います。過去のツケ対策だけやっていると、いつまでたっても、学校の授業に追いつくことは出来なくなりますので(言うまでもないことですが、質問者の方の志望校合格のためには、学校の授業を追い越すことが当然に必要だと思います)。

まずは、全科目で平均点を取る→全科目で偏差値60をとる→校内で一番になるという目標を掲げてみられてはいかがでしょうか。できれば、2学期中に平均点をとり、高2の3学期にはクラストップ、高3の2学期には校内トップクラスになるなど、タイムリミットつきの具体的な目標設定をされるとよいと思います。

高3の冬までに、校内文系で5番以内に入れなかったら、厳しいと思います。そうならないように、今から気をつけてください。

手っ取り早く、これまでにやったことを復習するには、学校の定期テストも活用されるとよいかと思います。もし、まだ保管していらっしゃったら、解きなおして、分からないところは、学校の先生に質問して、完全に分かるようにしましょう。
学校の勉強すら分からないのに、東大というか、それ以前に国公立大学にいけるということは絶対にありません。

ちなみに、勉強しているのに成績が悪いのであれば、問題は深刻ですが、勉強していないから成績が悪いのは当然であり、むしろ理由もはっきり分かっているので、救いようがあります。
全く勉強していないのに、自分から望みを絶つっておかしくないですか?
望みを絶たないよう、ひたすら、せっせと勉強しましょう。

学習プランに対するコメントと中期学習スケジュール案について
学習プランについては、基礎を固めるのが先決ですので、言われたように、一つ一つ確実につぶしていくしかありません。あせってもしかたありませんので、年内は、基礎固めと割り切りましょう。
そのうえで、冬休み(冬期講習)に、もう一度、今までにやったこと(とくに解けなかった問題を中心に)を復習し、穴を徹底的につぶしましょう。学校の定期テストの解きなおしもしましょう。
そして、高2の3学期の間に、学校の授業レベルに追いつけるようにしましょう。
そうすれば、そのうち、学校の授業の予習復習がすらすらこなせ、余った時間で自分の弱点補強や志望校対策をできるようになるでしょう。

最難関国公立大学に合格するためには、センター試験で、最低でも9割近くとらなくてはなりません。質量ともにすぐれ、前半は範囲指定で、後半は実戦演習をつめるZ会のセンター試験対策も始められるとよろしいかと思います。

高3の春休み(春期講習)で、社会などの未学習分野をつぶし、同時に苦手科目・分野をなくすようにしましょう。もちろん、高2の3学期にやったこと、高2の間に受けた模擬試験、学校の定期テストの復習もしましょう。

繰り返しになりますが、まず学校の成績をあげることがマストです。

塾について
志望校対策の際には、やはり大手予備校を活用されるべきだとは思いますが、基礎を固めるためには、どこの塾に行こうとあまり関係ありません。おそらく基礎が固まっていない段階で、大手予備校に通われても、全くついていけず、お金と時間を無駄にしてしまうだけです。
実際に自分が体験したわけではないので、なんともいえませんが、もしフォローシステムがきちんと機能しており、質問してくださった方が、しっかり活用しているのであれば、現在の成績を向上させるためには、悪くはない選択だと思います。
個人の学習プランを作ってくれるなんて、大手予備校ではありえないことだと思います。

とはいえ、今の塾に通っていれば安心というわけではなく、早めに学校で成績上位に入り、高3の夏までに、大手予備校の志望校対策についていけるレベルにまで持っていかなくてはならないと思います。

優先順位について
英語の補習課題(中一からの復習)、学校の課題、塾の学習いずれも重要ですので、交互にやる必要があると思います。
塾の学習や英語の補習課題で基礎を固めながら、学校の課題をやり、分からないところがあったら、塾の学習で使う教材や、英語の補習課題に取り組むなど、関連付ければ、より効率的な学習が出来ると思います。成績をあげる必要がありますので、どれも削ることはできないと思います。

終わりに

厳しいばかり言いましたが、目標である最難関突破を目指すのであれば、それなりのことをやらないといけません。

まだ、高2の夏ですから、先生方もおっしゃっているように、お世辞抜きで、頑張り次第だと思います。
自分の進路希望を学校・塾にもきちんと伝え、常に相談・質問し、不明点・疑問点や悩みを一つ一つ解決されていかれてはいかがでしょう。

体調にも気をつけて、冗談抜きで本気で頑張ってください。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。クリックが多いほど、モチベーションが上がり、ご質問への返答が早くなるはずです。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/215-646edf24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。