東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みにやるべきことを、すでにリストアップされていますか。
また、きちんと優先順位をつけていますか。
長いようで、短い夏休みを有意義に過ごすために、まとめてみました。

1、苦手科目・分野の克服と未学習分野つぶし
2、志望校対策
3、一学期の復習(模試・通信添削・問題集など)


1ー1、苦手科目・分野の克服



志望校に合格するためには、苦手科目がないほうが、リスクを軽減できます。

とくに、数学など思考が必要な科目は、時間にゆとりのある夏休みの間に、少し時間をかけて、なぜ、こうなるのかについて納得できるようにしましょう。自分で出来ない場合は、学校の先生、予備校の講師、家庭教師を活用しましょう。

秋以降は、演習量をこなしていくことが大事になってきますので、英語・古文などの場合、文法や重要単語などをしっかりと整理しておきましょう。

1-2、未学習分野つぶし



公立高校等に通われ、学校の進度が遅い場合は、社会・理科などを含め、試験科目は一通り、目を通しておけるよう予備校の講義などを活用しましょう。
夏期講習で一通り話を聞いておくと、秋以降の学校の授業の予習復習にかける時間も減らせるうえ、学校の授業自体が復習にもなります。また、問題演習をするにしても、基礎が固まった上でやるほうが、実力アップにつながります。

2、志望校対策


受験生の方がしないといけないことは、志望校に受かるための勉強をすることです。

大学・学部によって、問題形式、出題傾向が全く違います。
一番避けなければならないことは、志望校で非常によく出る分野の勉強をせずに、受験本番を迎えてしまうことです。

学習があまり進んでいない方は、過去問を解かなくても良いですが、最低5年分くらい、どういう問題形式なのか、どういう分野から出題されているかは、確認しておいて下さい。

志望校で頻出の分野に全く手をつけていない場合、大変危険です。早急に対策を始めてください。

3、一学期の復習(模試・通信添削・問題集など)



ともすれば、忘れがちなのが、一学期の復習です。
夏休みに何から勉強していいか、分からないという方は、模擬試験の復習(解きなおし)をして、どの分野が弱いかを確認して、その分野の問題集をといたり、教科書を再読したり、予備校の講義をとるなどしてください。

意外と学校の定期試験の復習も基礎固めには有効です。学校の問題が解けないのに、大学入試の問題がとけるはずがありません。不得意科目や苦手科目は、まず学校の勉強から押さえていきましょう。分からなかったら、学校の先生に質問しましょう。

通信添削をとっていたけれど、忙しくて提出できていなかった方も、夏休みのうちに、全部解いて提出しましょう。基本的に、通信添削の問題は質と量のバランスがよいので、効率的な勉強をするのに貢献すると思います。

4、終わりに


普段、学校や部活で忙しい方は、以上のことをやるだけでも精一杯ではないでしょうか。また、予備校にたくさん通っていたけれど、実は、全く復習ができていなかったという方もそうかもしれません。

ただ、机に向かうのではなくて、今自分にとって何が最も重要なのかを常に意識しながら勉強すると、自然と集中力も上がるはずです。

大事なことは、新しいことをやるのではなく、志望校合格に向けて、今までやってきたことを確実に自分のものにすることです。

暑いですが、体調に充分気をつけて、夢に向かって、悔いを残さないよう頑張って下さい。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。ランキング急降下中なので、是非是非お力を貸してください。また、クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。



 ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
地元の公立底辺高校からおバカにも一橋法学部を狙ってる高2男です。
うちの高校、進学校でもないので毎年早稲田には5人慶應には3人程度しか出してませんし、国公立となるとほとんど浪人…って学校なので、受験ってイメージが遠くてほんわかしてます。
さすがにヤバイなと思って少しずつ勉強始めたんですが、テンションあがんないです。
周りも周りですし自分自身、予備校や通信教育等もやってないので周りの人がどれだけ頑張ってるかわかんないです。
ってかそれが一番怖いです。
模試もE判定で、精神的にキツイです。
難関国公立志望の進学校の人たちは、今どんだけ頑張ってるんでしょうか。
恥ずかしながら、経済的に考えても浪人する気はありません。
あと、センター対策の夏期講習とってみました。
なにかアドバイスありましたらお願いします。
2006/07/28(金) 22:23 | URL | 一橋法学部志望 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/213-fcf031c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。