東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塾や予備校の夏期講習を取らなくても、自分で勉強できると思っていたけれど、
全く勉強が手についていない方は、家庭教師を利用されてみてはいかがでしょうか。

講師の出身大学がはっきりし、合格実績も確かで、最低限の報告システム(今日はどこまで進み、理解度はどうかなど)が完備されるなどのしっかりしているところがよいでしょう。
家庭教師が来てから勉強を始めるというのが通常だと思いますが、費用対効果をあげるために、以下のやりかたをやってみてはいかがでしょうか。

家庭教師が来るまでに、最低、一通り問題をといてみて、どこが分からないのかを明らかにしておく。ノートや問題集のページなどには、ポストイットをはって、後で探す時間を短縮できるようにする。

家庭教師が来ている間には、分からないところをがんがん質問する。

そうすれば、2時間も頼めば、かなりの勉強量をこなすことが出来ると思います。

家庭教師が来てから勉強を始めるとなると、ほとんど進まず、時間ばかりがかかって、経済的にも非効率だと思います。

また、家庭教師の側も、必死になって予習をしてくるはずです。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
古文と政経って最悪9月からでも間に合いますか?今は英語と現代文に集中したいのですが‥。
2006/07/28(金) 19:38 | URL | ぴんてぃー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/211-051e7d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。