東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模擬試験という入試本番に極めて近い環境の中で受けることができるチャンスを徹底的に活用すれば、入試本番でも実力以上のものが発揮できるようになるのではないかと思います。

少しでも参考になれば幸いです。


類似の模試の復習

以前に受けた他社の模試(浪人生などの場合は昨年の同じ模試も)を、あらかじめ解き直し、しっかり復習をした上で臨まれると、同じ間違いを繰り返さず、復習時間を短縮することが出来ると思います。




模試の受けっぱなしほど、無意味なことはありません。普段なかなか模試の復習ができていない方は、時間のある夏休みのうちに、別の模試を一つのタイムリミットにしてみられてはいかがでしょうか。

入試本番で見直す予定の教材の選択

夏休みに行われる模試では、まだ範囲が事前に指定されているかもしれませんが、全分野が試験範囲の場合は、入試本番に持ち込もうと思う教材だけを持って、入試本番のシュミレーションを行ってみてはいかがでしょうか。

それにより、実際の本番前に何をどの程度見直すことが出来るか、逆に、入試本番までに、どのくらい絞っておかないといけないのかが分かると思います。

意外と時間が短くて、当日はほとんど見直そうにも見直せないということに気付かれると思います。このことは、普段からの勉強がいかに重要かということも意味すると思います。

自分の通っている学校以外で受験する

入試本番では、ご自身の母校で受験するということはまずないと思いますが、模擬試験の段階から、知らない人がたくさんいる中で受けておくと、免疫が出来ると思います。

また、入試本番で会場に向かう際にも、何を交通機関の中で見直すか、見直せるかを試してみてください。会場に着くまでにやることと、会場についてからやることを、あらかじめ決めておかれると、時間を最も有効に活用できるのではないでしょうか。

体調不良に備える

入試本番で、腹痛になっても、頭の中が白紙にならないよう、模試のときにも、あえてトイレに行き、試験時間が少々短くなっても、あせらない準備をされるのはいかがでしょうか。

また、模試の前日、わざと遅くまで起きて、睡眠時間が少々足りなくても、あわてない、落ち込まないように訓練するのもよいのではないでしょうか。志望校受験の場合にも、緊張して寝つきが悪くても大丈夫という自信をつけるためです。

夏休みの間、暑くてなかなか寝付けないこともあるかと思いますが、ピンチをチャンスに換え、志望校合格めざし頑張ってください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。


こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。


 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/210-1c73ef40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。