東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大文一志望の浪人生(駿台生)ですが、この夏、論述対策のために山川の論述問題集を購入しました。それと併用して知識の整理をしたいんですが、網羅性があり、知識の整理に効率がよいとおもわれる問題集についてアドバイスをいただけたら、と思います。
以下にリストするのは、自分が目星をつけているモノです。
駿台文庫より『世界史総整理』
山川出版より『詳説世界史学習ノート』
同じく『各国別世界史ノート』
上記三点についての感想や、他に上に書いた目的に合う問題集の推挙をお願いします!

とのご質問をいただきました。
1、世界史の基礎知識固め教材の選択について

①駿台文庫より『世界史総整理』
②山川出版より『詳説世界史学習ノート』
③同じく『各国別世界史ノート』

についてのコメント

基本的な知識を整理するのであれば、教科書準拠で、一番オーソドックスな、②山川出版の『詳説世界史学習ノート』をお勧めします。

分からないところがあったら、教科書のどこに載っているか探すと思いますが、教科書の順番どおりの構成なので、探す時間を大幅に短縮できるからです。

③は、②の詳説世界史ノートを一通り終わらせ、他の科目の勉強も順調に進み、時間が余ってしまってしょうがないという方にはお勧めしますが、そうでない方にはお勧めしません。

とはいえ、各国史対策はしなくていいわけではありません。(おそらく問題演習をつんでいくと、必ず出題されるはずです。)

②の詳説世界史ノートを使っても、クロスレファレンスをしっかりすれば、各国史対策はできます。

クロスレファレンスというのは、たとえば、19世紀のイギリス史のタイトルの左上には、17・18世紀のイギリス史のページである「←15Xp」、右上に20世紀前半のイギリス史「19Xp」などと、カラーボールペン(私の場合は、緑)で書き込んで、その時代の前後の同じ国のことは、何ページに載っているか、書き込むことです。

同じ基礎教材を何度も見返すことで、知識は定着するので、正直②の『詳説世界史学習ノート』だけで、充分です。

載っていないことは、余白に書き込んだりすればよいでしょう。

また、2次試験の過去問で何年に出たかも、見出しの上に、たとえば、「H15Ⅰ」などと書き加えておくと、なおよいと思います。

①は、見たことはありますが、使おうと思ったこともありません。②を選んだ理由から、①を選びませんでした。

いずれにせよ、情報の一元化が重要ですので、②をしっかり使いこなすのが、ベストです。
下手に③にまで、手を出しても、例えば、模試の復習のときに、他の科目も勉強しないといけないのに、②も③も見直すのは、(載っているところを探し出すためにかかる時間のことも考えると)時間がもったいないと思いませんか。

また、1冊にまとめておくと、センター試験や二次試験の直前期もそれさえ見直せばよいので、かなり時間を有効利用できます。

2、教材の活用法について

本来、詳説世界史ノートの空欄補充は、高3の夏までに終わらせておかないといけないことです。

そんなことをいっても、仕方がないので、具体的な活用法をご提案いたします。

まず、一定分野の世界ノートを何も見ずに埋めます。
埋められなかったら、そこは弱点ということが分かります。
蛍光ペンでチェックを入れるなどするとよいでしょう。

で、復習として、教科書を読み、論述問題集を解かれるとよいと思います。

お勧めの問題集は、と、志望校の過去問集、志望校型模試、Z会の通信添削です。最近は、ベネッセも充実しているみたいですが、自分がやったことないので、お勧めはしていません。ご自身で情報収集をしてみてください。

あとは、複数の大手予備校の夏期講習・冬期講習です。
講師についてですが、10年位前は、駿台のトップ講師だった方で、東進に移った先生が多いという印象を受けました。
ご自身でも、チェックしてみてください。

論述問題集をやるにしても、最初は、先生などに添削してもらうのが重要です。

論述問題集をやろうとしても、さっぱり分からない場合は、山川から出ている分野別問題集などを使って、知識の早期定着を図ってください。



他の科目との兼ね合いもあるので、あとは、センター試験過去問や模試を解けば、それなりの量になりますので、(相当苦手な場合を除き)世界史対策は充分でしょう。

苦手な方は、分野別問題集を繰り返し解いて下さい。
で、分からなかったところや、世界史ノートに載っていないことを、詳説世界史ノートにチェックしたり、書き加えたりしましょう。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/198-466f4ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。