東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英単語の勉強は、Z会の「速読英単語」今でいう「音読英単語」中心でした。

最近は、キムタツ先生の「ユメタン」も人気・好評のようです。


古文単語もそうですが、単語は「これ」という一冊(多くて2冊)に絞って、繰り返しが大切です。


どの単語集にするかは、

読みやすさ、とっつきやすさなど相性もありますし、

学校で採用している単語集を使うほうが定期試験対策との兼ね合いから効率的という場合もありますので、

絶対音読英単語かユメタンというわけではありません。


ただし、単語が羅列してあるだけの単語集はやめておきましょう。
全然頭に入ってこないからです。


単語だけを思い出そうとするとその意味を思い出すのは困難ですが、
ストーリー性のある文章のまとまりで覚えているとイメージで思い出しやすいです。

何度も繰り返すと、思い出すまでにかかる時間が短縮され、

最終的には考えるまでもなく、自然と一瞬で思い出せるようになると思います。


CD付きだとなおよいです。
 
センター試験からリスニングがあります。

通学時間に付録のCDを毎日繰り返し聞くとよいでしょう。

聞くときには、ただ聞くのではなく、

大意要約を意識しているとさらに力が付くと思います。


英語力を付けるためには、

少しでもいいので毎日必ずするということです。


とくに最初は一冊を一通りこなすのにすごく時間がかかりますが、
繰り返すうちに かかる時間はかなり減ってきます。

単純で退屈かもしれませんが、

根気強く何度も繰り返すことが

遠回りのようで上達への近道です。

単語が分かれば、長文読解にかかる時間も短くなるので、

苦痛かもしれませんが、頑張りましょう。




まずは、書店で手にとってみてはいかがでしょう。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
受験勉強について、細かく丁寧に書いてありますね。
これから受験の人にとっては役立つ情報ばかりです。
2005/01/30(日) 00:25 | URL | makoto #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/15(月) 19:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/19-3decb308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
英単語だけではなく,英単語の覚え方までをかなり詳しく解説されいる単語帳があります。発声を基本とした記憶法で,確実におぼえられます。発音問題にも対応できます。
2005/10/08(土) 10:43:28 | 東工大生受験勉強を語る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。