東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター数学について相談があり書き込ませていただきました。

 公立大学希望でセンター科目の中で一番数学が苦手です。数学はセンターのみです。

 去年『チャート式センター数学ⅠAⅡB』という参考書を二度終わらせたのですがイマイチ手ごたえがなかく、これは非常に薄いにも関わらずⅠAⅡB両方載っているので基礎をきっちりやり終えた人用なのではないかと思い、今は超基礎本といわれている『数学IAの点数が面白いほどとれる本』『数学ⅡBの点数が面白いほどとれる本』を使っています。
 
 しかしこの参考書も、たとえば1ページ終わらせた地点で、結局このページで何を学んだんだろうか、実際の問題でどんな風に役に立つのだろう、という疑問が湧いてしまいます。

 おそらく網羅性を上げるために、あるいは見やすくするために、必ず1ページに1項目をまとめているため、導入部が唐突であったり、色々と省略している箇所があるからでしょう。ただしそれは文章の部分だけで、計算式の省略などはそれほど目立ちません。

 すごく根本的な話になるのですが、たとえば『1+2=3』という計算式があれば、その計算自体は理解できるのですが、なぜここでその計算をするのかがわからないときがあります。

 また数学とは元々そのようなものなのでしょうが、抽象的であるが故に、一つ一つの事柄が帰納的に捉えられず、たとえば一つ問題を解いたとしても、その問題を解くのに精一杯で、その問題から別の問題を解くための一般化した解法のようなものを感じ取れないのです。
 
 多くの人がこの参考書が一番基礎向けだというのにも関わらずこれが使いこなせないということはよっぽどですよね。

 演習に進めばこの参考書をやる意義も徐々に見えてくるのではないかとも思っているのですが、やはり能動的な意識を持って参考書に取り組まないと、いざ演習に取り掛かるという時に、今まで勉強してきたことが自然と使えるなんてことはないのではないかという不安があります。

 かといってこの参考書を理解できないのであれば他を使っても同じことでしょうし、参考書をぱらぱら替えるのもよくないと思います。そこで改めて勉強法を見直したいと思いますので、センター数学の基本的な勉強法のご指導よろしくお願いします。

数学は、センター試験でしかお使いにならないのですから、センター試験の数学さえ満点が取れればよいわけです。

「実際の問題でどんな風に役に立つのだろう、という疑問が湧いてしま」われ、ご自身でも基礎は固まっていると思われるのでしたら、過去問を解いてみてください。

過去問集こそ、「能動的な意識を持って」解くにはベストな問題集だと思います。

で、おそらく、すらすら分かる部分とそれ以外に分かれると思います。

すらすら分かる部分が分野ごとにきれいに分かれるのであれば、その部分はもうやらなくてもいいと思います。

全範囲を網羅している問題集だからといって、無理に全部解く必要はありません。

一通り、全範囲を解き終わり、自分の弱点分野、問題形式が分かれば、それだけを解いていけばよいのです。

ある問題集を一通り解き終わったなら、苦手な分野、解説を読んでやっと分かった問題のみを、解きなおししましょう。

それで、解けるようになっていたら、そのレベルの問題集はもうやる必要がありません。


解説をしばらく読んでも分からない場合は、学校の先生、もしくは予備校の講師、家庭教師などに聞きましょう。

自分で長時間考えても時間がかかるばっかりで、他の科目も勉強しなければならない方にとっては、効率的とは言えないからです。


おっしゃるとおり、適切なレベルの問題集を選ぶのはなかなか難しい問題だと思います。

ですから、合格作戦などの体験記をたくさん読んで、今の自分のレベルに合った、また使いやすいと感じる、ベストな問題集を本屋で手にとって、比較検討されながら、ご購入されることをお勧めします。

その指標として過去問集は大いに役立つと思います。

お答えになったでしょうか。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 お返事ありがとうございます。
 
 お礼が遅くなり申し訳ありません。
 
 早速過去問に取り組んでいます。まだ何となくですが、どういった問題が出題されるのかが少しつかめてきたような気がします。

 それでは失礼します。
 
2006/06/29(木) 01:24 | URL | りす #y1DW3Gkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/187-d93fbdef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。