東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は早稲田対策についてお聞きしたいんです。
とは言っても、どのように対策したらいいかを全く調べてないというわけではなく、僕は今まで和田秀樹さんという方の受験勉強法の本を数多く読んできました。
その本の中で、2年のうちは英語と数学に専念した方がいいらしいのですが、僕は数学を一般入試で受けるかどうかまだ迷ってるんです。
法の場合一般入試では地歴で受験するつもりですが政経では一般入試で数学か地歴を選択しなければいけなく、どちらにするかまだ迷ってるんです。いずれにせよ、法も政経もセンター利用入試で数学を受験するのですが、政経の一般入試で数学をとると英語と国語の上、法の地歴、政経の数学と4科目になってしまい、負担が大きくなってしまうんです。
そこでお聞きしたいのですが私立文系入試の場合、やはり一般入試では地歴よりも数学で受験した方が有利なのでしょうか?それとも地歴だけで十分なのでしょうか?
また、もう一つお聞きしたいのですが、先ほど言いました2年のうちは英語と数学に専念するという和田さんの勉強法のことなのですが、もし数学はセンターでしか使わないと決めたとしても、2年のうちからセンター対策の数学の勉強を始めていった方がいいのでしょうか?僕としては一般入試で必要になってくる国語や地歴を勉強していった方がいいと思うのですがどうでしょう?


とのご質問をいただきました。
①私立文系入試の場合、やはり一般入試では地歴よりも数学で受験した方が有利なのでしょうか?それとも地歴だけで十分なのでしょうか?について

早稲田大学法学部のHPの2007年度大学入試センター利用入学試験概要によると、センター試験では、最低、英語、国語、数学IA、地歴・公民、理科が必要になっています。

また、早稲田大学政治経済学部のセンター利用入試においても、英語、数学1A・2B、国語、地歴・公民、理科が必要となっています。

おそらく、センター利用入試は、難関国立大学受験者の併願を期待したために設けられたものだと思います。したがって、受験者レベルもかなり高いといってよいでしょう。

そういった人たちは、2次試験でも数学を使うので、文系の中でも、数学はかなりできる人だと思います。

その中で、私大文系をメインに勉強されている方が、数学で勝負できるかとなると、相当得意でもない限り、難しい場合が多いと思います。

できる人は、センター試験の数学はもちろん全体で9割近くは確実にとってくるはずです。

したがって、私立文系入試の場合、一般入試では数学で受験した方が有利になるかどうかは、ご自身の数学の出来具合によるといわざるをえません。
早慶ともなると、地歴はかなり細かいところまで抑えないといけませんので、地歴だけでも結構時間がかかるのではないでしょうか。

また、科目選択の際には、配点にも注意されたほうがいいと思います。
地歴ですと、連鎖的に間違えるということはないと思いますが、数学の大きい問題の場合、あるところでつまづくと、それ以後が全て分からないということが起きませんか?
起きなければ配点の観点からは特に問題はないと思います。

以上のことも念頭におかれた上で、受験戦略上最も有利になる科目をご選択されてはいかがでしょうか。

もっとも、まだ受験科目を絞る必要はないと思います。
高3になってから、幅広い選択を出来るよう、今は数学もしっかり勉強されておかれるとよいでしょう。


②「2年のうちは英語と数学に専念する」かについて

どういう文脈の中で、和田秀樹先生がそうおっしゃったのかが分かりませんので、なんともいえませんが、基本的に入試で使う科目は全科目基礎を固めるために高2段階でも勉強するべきだと思います。

どうしても時間がない人は、英語、数学、国語(とくに古文の文法・単語と漢文の文法)を重視すべきだとは思いますが、早稲田、慶応など最難関私大を受ける人は、おっしゃるとおり、地歴も教科書レベルのことはきちんとやっておかないと間に合わないでしょう。

何事も準備は早めのほうが良いです。

センター試験対策は、3月からはじまるZ会の通信添削や春期講習で始めればよいと思います。
むしろ、高2の方は、数学2Bの最後まで一通り高2のうちに終わらせることを目標にされたほうがいいでしょう。

学校の進度が遅かったり、内容が志望校対策になっていなければ、Z会などの通信添削や、大手予備校の夏期講習、冬期講習もペースメーカーとして活用するとよいと思います。


高2の段階でここまで深くしっかり考えておられて素晴らしいと思います。この意気込みでこれからも頑張ってください。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!
お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求をご活用ください。また、自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

英語のリスニングを特に鍛えられたい方は、「使える」英語力が欲しいなら、アルクにおまかせ
をご覧ください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕は管理人さんとは
反対意見で私立文系の
数学受験には賛成派です。

ただ経済商学以外の学部も
受験する人で例えば英・国・地歴
でやってる人にプラスして
数学もやらせるというのは
逆効果に思いますが。

すでに4教科ないし5教科
で数学をやってる人間で私立文系の
経済若しくは商学部を受験する人は
数学受験をしたほうが有利というのが僕個人の考えです。

勿論数学≧地歴という能力が必要条件ですが。
2006/05/29(月) 07:32 | URL | 福沢 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/181-f50332b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。