東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、物理の参考書・問題集についてお尋ねさせて下さい。
私は今高3でセンターの物理を受けるつもりです。物理は別に嫌いではないのですが、難しくてなかなか理解できません。まだ習ってない範囲も多くて、模試でも歯が立ちません。とりあえず「物理のエッセンス」をやってはいますが、疑問が残ります。そこで「橋元流解法の大原則」か「橋元の物理のはじめからていねいに」を買おうかと考えているのですが、他にお勧めの本やこの二冊の違いを教えてください。


とのご質問をいただきました。
大変申し訳ないですが、物理は一切やっていませんので、お勧めの参考書等はございません。

物理の勉強法は理系の人に聞くのがいいかもしれません。

ただ、文系で、物理が苦手であれば、勉強の負担を減らすために、科目変更するのがいいのではないかと思います。

学校で科目変更はできないのでしょうか。

どんなに頑張っても、センター試験でしか使わない理科で悩む時間が増えると、2次試験対策の時間が減りすぎないか心配です。

ということで、苦手であれば、科目変更をお勧めします。

私自身は地学がベストだと思います。
もし地学を選択した場合、Z会のセンター対策と、夏期講習、冬期講習でセンター対策講義をとり、あとはセンター試験の過去問をやれば、けっこう点数は取れると思います。

【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。


自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習


文系なので、理科系科目に家庭教師を頼む必要はないと思いますが、他に方法がないときは仕方ないでしょう。
家庭教師のトライが今なら無料体験受付中!


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/175-ac0b44d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。