東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の質問は、世界史についてなのですが・・・
私の学校では1年生が世界史の勉強にもっと興味を持てるようにと、教科書(山川出版の小説世界史Bを使っています)の第Ⅱ部第8章のアジア諸地域の繁栄から始めました。
近代に近いほうが生徒が親しみやすいと考えたらしいです。
しかし、私はZ会で社会を取っているのですが進み方が学校とは全く違います・・。
こういった場合には、Z会で社会をやらない方が良いと思ったのですがどうなのでしょうか?
社会の勉強は塾など(東進など考えております。)に通ったほうが良いのでしょうか?
もし、なにか良い教材があれば教えてください!


とのご質問をいただきました。

アジア諸地域の繁栄から始まるというのは、初めて聞きました。そういう学校は多いのでしょうか。

おそらく、どの塾・予備校に行ってもアジア諸地域の繁栄から始まるということはほとんどないと思います。

ですから、進め方については、教科書どおり進めるZ会のほうが普通だと思いますので、とりあえず、Z会もしっかりやっておかれるとよいかと思います。

結局、入試までには全分野一通り勉強しなくてはなりませんから。


どうしてもというのであれば、家庭教師に頼むことになるでしょうが、高1段階では、世界史にそこまで力をいれなくてもいいと思います。


詳説世界史ノートなどを活用して、大学入試まで使えるよう情報の一元化をされておかれるとなおよいかと思いますが、英数国等他の教科とのバランスも考えて取り組んでくださいね。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/170-fb29382d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。