東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は今センター日本史の参考書として『解決!センター日本史(Z会出版)』というものを利用しているのですが、他の参考書と比べ網羅性に欠けるのではないかと思っています。
というのも他の参考書はきちんと文章で通史が書かれているのですが、この本は重要項目が箇条書きで書かれているだけなのです。
ではその別の参考書も利用すればいいということなのですが、今利用しているこの参考書は5回繰り返していまして、もしこれだけで網羅できているのなら今から別のものをするのは非効率であり、その時間を他の教科に回すべきかなと思いまして。
あるいはセンター試験に網羅という定義自体が無いのかもしれませんが。
つまり改めて言うのも変ですが、私自身合格していないので網羅の定義がわからないのです。といっても受験生は皆そうなのでしょうが。どこまで勉強すればいいかわかれば誰も苦労しないですもんね。
ですから管理人さんに、網羅の定義とまではいいませんが、この参考書で最低限の知識は身につけられるかお聞きしたく書き込ませていただきました。
どんな参考書でも長期的に知識を定着させる事自体大変ですが、参考書の内容自体が不十分だというのはそれ以前の問題ですからね。
極論を言えば自分で色んな参考書を試すのが一番なのですが、それだけで一年が過ぎてしまいそうなので、ここに質問させていただきました。ここで質問して済む話ではないのかもしれませんが、基本姿勢は経験者に聞くことですから。お返事よろしくお願いします。


とのご質問にお答えしてまいります。
ご質問してくださった方が、2次、私大でも日本史を使う文系の方なのか、はたまたセンターでのみ日本史を使う理系の方なのか、などが一切分かりませんが、分かる範囲でお答えします。

その参考書が網羅しているかどうかは、センター試験の過去問を解いて、あまりにも載っていないのであれば、網羅していないといえますし、8割は載っているのであれば、それなりに網羅しているといえるでしょう。

完璧な参考書・サブノート・データベースなどはありえず、過去問・模試・問題集などで間違えたが、それに載っていないものは自分で加筆する必要があるでしょう。

逆に、自分で加筆していくからこそ、前後をよく読むことができ、理解が一層深まるようになるでしょう。

「きちんと文章で通史が書かれている」かどうかはあまり重要ではないと思います。
むしろ、サブノート的に使うとよいのではないでしょうか。
あまりにもセンターレベルの知識さえカバーできていないと思うのであれば、もっと詳しいしっかりしたものにすべきだと思います。

たとえば、詳説日本史ノートなどは使えるのではないでしょうか。大手予備校の講師が出しているサブノートのようなものでもかまわないと思います。

参考書などインプット用教材は、一通り目を通したら、後は問題演習を通じて、読み直すようにしたほうが定着すると思います。

ただ読んでいるだけでは、頭に入りやすいとはいえないのではないでしょうか。

私自身は、日本史・世界史においてほとんど参考書は使いませんでした。センターレベルであれば、教科書でも充分足りるでしょう。

難関私大になると、教科書だけでは足りないかもしれませんが、参考書は読むというより調べるために使ったほうが、知識が頭に定着しやすいのではないかと思います。

教科書は一通り、斜め読みでも良いので、大まかな流れをつかみましょう。目次を読むのもその意味では重要でしょう。


いずれにせよ、一つの参考書を5回繰り返されているのであれば、もうマスターできているでしょうから、次のステップに進むべきです。

ところで、疑問に思うのは、質問してくださった方が、アウトプット演習をしっかりやっておられるかという点です。
読んだだけでは、決して問題が解けるようにはなりません。
間違えた問題の解説を読むことで、誤解を減らしていくことが重要です。

浪人生の場合、一通り勉強は済んでいるわけですから、過去問から始めてもいいと思います。

問題集は、いくら反復が重要だといっても、3回繰り返せばいいと思います。
1回目は全部とき、2回めは、間違えた問題とまぐれで答えがあっていた問題、3回目は、2回目に間違えていた問題を解いて、3回目にも間違えた問題は、試験直前にも解きなおす必要がある弱点問題ですから、付箋・ポストイットをはって、すぐに解き直せるようにしておきましょう。

おっしゃるとおり、回数ではなく、頭に定着したかどうかが重要です。

問題集を選ぶ際には、たくさん合格体験記を読んで、よさそうと思ったものを、実際に書店に行って手にとって読みやすさ、解説の丁寧さ、対象レベルなどを比べながら、選ばれるとよいと思います。

基本的にZ会の教材にそんなに悪いものはないと思いますが。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。


小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!

お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求
をご活用ください。
自分で学習ペースを決めたい方には、自分でどんどん進められる トライeNAVI 新ネット学習
がお勧め。

きちんとした家庭教師を頼みたいという方は、94%のお子さまが成績アップするトライの仕組みとは!?
をご覧ください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。

















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今高3で、とにかく詳しい古文の文法書のようなものを探してます。もちろん受験の範囲でなんですが、文法に関して最も詳しいのって何ていう本なんでしょうか?できたら早めにお願いします。
2006/04/23(日) 00:04 | URL | TS #-[ 編集]
ご返答ありがとうございます。
 
 お礼の返事遅くなり申し訳ありません。

お返事を読ませて頂き、質問をするにあたり最低限の礼儀が守れいていないことに改めて気付きました。乱文にも関わらずご丁寧なお返事、本当にありがとうございます。

 たくさんのご質問のお答えをなさってお忙しいと思うので今回質問は控えさせて頂きますが、先ほども申しました『質問する上で最低限の礼儀が守れていない』不十分な箇所だけを補足させていただきます。

 まず私は文系ですが志望校は公立で日本史はセンターのみです。

 次に『解決!センター日本史(Z会出版)』はどうも過去問を徹底的に研究し尽くした言わば、過去問対策本と言っても過言ではありません。以下に特徴を挙げます。(よろしければ他の受験生の方も参考にしてください。もちろん私にそんな余裕はないのですが、私自身藁にもすがりたい気持ちなので。お互い様ということで参考になれば幸いです。)

 まず、最初に過去問頻出事項が箇条書きで書かれています。ここには単に頻出用語だけでなくセンターの特徴に合わせた理解ポイントも書かれています。

 次のページは前のページの重要事項がインプットできているかを確認するために厳選された過去問でアウトプットの練習をします。主にこれの繰り返しです。

 この他にもテーマ別・形式別(年代整序・ビジュアル・・・etc)の問題も組み込まれています。

 さらにこれだけ載っていても通史が無いから比較的薄いと思います。

 なんか宣伝みたいになってきたので参考書の説明はこれくらいにしておいて(読むのやめないでくださいね 笑)、ではこれだけ過去問が研究された参考書に不安を抱いている理由は何なのかと申しますと、確かに過去問は解けるんです。でも模試などはそれほど解けませんし、一番の理由は去年のセンターが半分ぐらいしか取れなかったことです。

 今このコメントを書いていて思ったのですが、これは参考書が問題ではないようですね(結局巧妙な宣伝? 笑)。私はこの参考書に他の参考書と比べ通史がないのが点数が伸びない原因だと思っていたのですが、模試でも本試でも過去繰り返し出されている似たような問題はもちろん解けているわけですし。

 ではやはり管理人さんのおっしゃられる通り完璧な参考書など無いわけですから模試などで間違えた箇所を自分なりにまとめるという方法が必要不可欠なのですね。

 それにしても改めて言うのもなんですが、今までの結果を踏まえると過去数年間で繰り返し出題されているものは全体の5割程度ということになりますね。
 
 あとの5割はどこから出るかわからない、あるいはその繰り返し出題されている事項を私がまだ完全に習得していないかのどちらかになりますね。

 とにかくアドバイスいただいた通りまず問題演習に取り組みたいと思います。あと教科書も併用することに決めました。

 それに管理人さんからもアドバイスいただきましたし、他のサイトでも共通していて、且つ私に欠落していることがあることに気付きました。私は例えば一冊の参考書を復習する際、最初から全て復習してました。5回なら5回とも。非常に非効率ですよね。というのも、今覚えていても次は忘れているかもしれないと思っていたからです。元々私は念押しタイプだと自分では思っているのですが念を押すところが間違っていたということですね。記憶のしくみを知らない典型的な例ですね。(たまたま思い出したのは別として)確実に覚えているものはそうそう忘れないですよね。

 ここまで知って今はその『覚えている事と覚えていない事』を区別する方法に悩んでいます。と申しましても今回は質問をしないと約束しましたので、また次回書き込ませていただく事がありましたらよろしくお願いします。

 色々アドバイスありがとうございました。それにこんな風に文章にすると自分が何に悩んでいるのかが客観的に見れてよかったです。

 『情報を集めるのが大切』というアドバイスを頂いた今だからこそ、今度は逆にそのお言葉に甘えてはいけないと思いPCでの情報収集は月2回に決めました。ですからせっかくお返事を頂いたにもかかわらず返事が遅くなり、恩をアザで返すような形になってしまい本当にすいませんでした。

 それ以前に、次回からはもっと文章を端的にまとめる努力します。そうすれば少ない時間でより多くの情報を得られ、余った時間を勉強に使えますしね。今の私にはこれが一番欠けてますね。
  
 理系・最難関・医学部に関するサイトはよくお見かけしますが、文系に関するサイトは本当に少ないと思います。(私はココが初めてです)

 ですからお忙しいとは思いますがご継続を熱望します。よろしくお願いします。(私もココを拝見させて頂いて、もし自分が合格すればサイトを作って何か受験生の役に立ちたいと思いました。とにかく受験生は孤独と不安だけですから。先の話をすると鬼が笑いますね)
 
 それでは失礼します。
2006/04/26(水) 03:13 | URL | りす #y1DW3Gkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/168-43e4f13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。