東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも。1浪で河合の本科生になりました。
初めての予備校生なので、ノートの具体的なとり方・授業の受け方がわかりません。英語・現代文・古文・日本史を受講します。
ノートで全て受けるべきか・ルーズリーフで取るべきか、テキストは全てコピーしてノートに切り貼りしていくのがいいのか、予習の際にやるべきノートの有効な使い方・授業中のノートの取り方・復習の時にどのようにノートを活用できるようにすればいいか、アドバイスを下さい。お願いします。


とのご質問をいただきました。
日本史・世界史共通と思うのですが、知識の定着は板書だけでは不可能です。他の科目もそうですが、教科書読んだだけで覚えられる人は少ないでしょう。

そうだとすれば、問題演習に時間を費やす必要がありますので、知識のインプットには最小限の手間をかけるだけにしたほうがよいかと思います。

つまり、自分でゼロから全部ノートを作っていくのは時間がかかるし、間に合わないと思います。

予備校のテキストや詳説日本史ノートといったデータベースを完成させると共に、問題演習で分からなかったところは、データベースを何度も見直し、書き足りないことを加筆していくこと、つまり情報の一元化が大事なのです。

そういう点で、予備校のテキストがしっかり整理されているのであれば、直接書き込んでいくのがベストだと思います。

スペースが足りない場合は、大きめの付箋・ポストイットを使ったりするとよいと思います。


歴史は流れを掴むことが大事ですので、その点をしっかり意識して、先生・講師のコメントをメモするようにしましょう。

復習は、問題集を解いて、理解できていたか確かめましょう。
問題集の解説に載っていることが、データベースにのっていない場合は、書き足しましょう。

問題集の選び方は、解説が詳しいもの、使用目的に合致するものです。まず、時代別の問題集をやった上で、過去問や、テーマ史等の問題集をやるとよいと思います。

論述問題の場合は、先生・講師のチェックしてもらうとよいでしょう。通信添削ですと、確実にチェックしてもらえると思います。

こちらから簡単にZ会の資料請求が出来ます。
【通信教育のZ会】小野伸二選手も応援!学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。


小学生から高校生のお子様をお持ちの保護者の方にとても役立つ!小冊子、今だけpresent中!

お近くの予備校を探される方は、予備校へ一括資料請求
をご活用ください。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/166-563711a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。