東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1、分からないことは必ず質問すること


分からことを教えるために、先生、講師がいる。自分で調べても分からないときには、(親御さんが、一生懸命汗水たらして、高い学費を払っていることだし)利用しない手はない。初めて見聞したときに分からないことは恥ずかしくないが、受験直前になっても分からないままでいることは恥ずかしい。

2、徹底反復


理解して次に進む。むやみやたらと手をひろげない。
復習はノートを読み直すのではなく、問題を解きなおす。
解きなおして、正解できれば、理解できたということになる。

3、インプットとアウトプットのバランス


教科書を読んだだけでは、きちんと理解できない人がほとんどでしょう。問題演習を通じて地道に知識を定着させてください。
一方、問題演習だけやっても、基本的な知識の整理が出来ていない場合は、積み重なっていきません。

4、あきらめない


弱気になれば、不合格は簡単。
みんな苦しいのだから、仲間と励ましあい、粘り強く。
合格の方向を向いているか、不合格の方向を向いているかでは、結果は大違い。とくに、ボーダーラインには同レベルの人がひしめいているので、最後まで気を抜かない人が一歩抜け出す。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックを是非ともお願いします。

いつも読んでいただきありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/164-85bf83a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。