東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分は大体、中堅あたりの高校に通っています。有名進学校の人たちは高1、高2、高3の段階でそれぞれ平日と休日、1日平均何時間勉強しているんでしょうか?
逆に高1、高2、高3それぞれ平日と休日何時間勉強すれば難関国立大に合格できるんでしょうか?教えてください!!



とのご質問をいただきました。
返事が遅くなってすいません。
学年+2時間というのを聞いたことがありますが、人それぞれというのが実際のところでしょう。

というか、やっている分野について理解できれば良いので、それを時間で測ることに意味があるのか、と思います。

勉強する時間があるのであれば、できるだけたくさん勉強されるとよいと思います。今現在、勉強が不得意であれば、得意になるために、できる人より勉強時間を多く確保する必要があるでしょう。

もし、ここで○時間という「答え」を出しても、椅子に○時間座っていれば、勉強をしたことになるという勘違いをされても困りますので、具体的な時間については差し控えさせていただきます。というか、そもそも「答え」などないと思います。

ただ、通常、辞書をひいたり、教科書を読んで分からないところ、つまり授業中集中して聞くべきところを明らかにするという学校の授業の予習復習をするだけでも、1時間以上はかかりますでしょうし、さらに塾予備校・通信添削・問題集など学校以外の勉強もされる場合、3時間くらいかかっても不思議ではありません。

高1のときの勉強は、高2、高3の勉強の基礎になり、重要であることに変わりはありませんので、高1だから少なくてもいいということにはならないと思います。高1の勉強をおろそかにすると、進級するにつれ、結構面倒なことになりかねません。

高3になり、本気で志望校に受かりたいと思えば、休日など12時間以上できるでしょうし、実際そうしている人はたくさんいると思います。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私は現在、進学塾の講師をしている片倉学と申します。
1日何時間勉強したらよいかという質問のですが、結論から言うと、
1日何時間でもOKです。1日30分でも良いし、5時間でも良いです。1日に何時間やるというよりも1日30分でも良いので毎日コツコツ継続してやることが大切です。継続してやることが学習内容の定着につながります。逆に1日に固め打ちして、2.3日勉強をやらない日があるというやり方だと結局やったことはすぐに忘れてしまい知識が身につきません。人間の集中力は1時間30分くらいらしいので、毎日コツコツ1時間30分くらい継続して勉強することをお勧めします。
詳しくは↓↓↓こちら↓↓↓
http://www.purple.dti.ne.jp/jukensoudan/
2006/04/10(月) 01:31 | URL | 片倉 学 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/160-44a3e786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。