東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英・数・国はすぐに受験勉強に取り組まなきゃいけないと思うんですが、例えば英・数・国以外の日本史や生物などは、新高2から受験勉強始めないといけないんでしょうか?
新高3からでは遅いのでしょうか?
自分は偏差値52くらいの中堅高校に通っています。学年順位は200人中180番台です。
よろしくお願いします!!


とのご質問をいただきました。
結論としては、大学入試で使う予定の全ての科目の受験勉強を始められる必要があると思います。

学校の勉強に苦労されている場合、まず学校の勉強をサクサクとこなせるようになる必要があります。

いくら受験勉強といえ、学校の勉強の延長線上にあることは間違いないからです。

その意味で、普段の学校の勉強は、受験勉強につながっています。学校の勉強をせずに、いきなり「受験勉強」をしようとしても、おそらく手も足も出ないでしょう。

授業をしっかりこなすというのも、大事なことです。
学校の教科書すら理解できないのに、大学入試問題だけは特別に理解できるということはありません。

志望校の受験に使う科目は全て予習復習をし、学校のカリキュラムに沿うと、受験に間に合わない方は、独自に塾・予備校、通信添削を活用される必要があります。
問題集による問題演習も大事ですが、ペース配分等は結構難しいので、プロの手を借りるほうがよいかと思います。

たいていの有名進学校では、高2が終わるまでに、一通りの教科書レベル以上のインプットを終わらせていますので、それ以外の学校に通われている場合、それを目安に学習計画を立てられるとよいのではないでしょうか。

もっとも、スピードが速ければ、ついていけなくなるということもあるでしょう。その遅れは、高三の春から夏にかけて克服し、秋からは、全科目志望校対策に当てられるようにしましょう。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/159-b0856368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。