東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は予備校・塾などに通わず、宅浪でこの1年を過ごそうと(今のところは)検討しています。それは正直、現役の時に一通り勉強をやった教科と全くやっていない教科にすごい差があって…(例えば英語はきちんと文法から初めて英作文までやったけれど、数ⅡBに至っては殆どできてないなど)。まだ「自分がきちんとやっていないから」という意識が強い学力の差なので、仮に通おうと考えても、夏の講習以降(つまり後期の授業?)しか検討していません。
高校生のころからのZ会通信添削(国語・センター対策)と、家庭教師の先生に来ていただくのは続けるし、自分でも年間の予定・毎日の予定をたてて、実際実行に移している次第です。
が、周りはみんな予備校・塾にこもりきりの1年のようです。
ここでも「宅浪については意志の強い人以外はオススメできない」とあるし…私みたいな勉強法を取るのはのんきなんでしょうか?それと、もし予備校を使うとなったら、どのような利用方法をとればよいでしょうか?
あと、私は現役の時と同じ学校(国公立:大阪市立大学、私立:関西大学)を受験する予定なのですが、現役時にいらなかった「地歴」が必須となり、高校で地歴の選択授業に参加していない私はどれを取って良いか迷ってしまいました。
史学には(高1の時にやった世界史で)抵抗感・苦手意識ができてしまったので、仕方なく地理を選択しようかな…と考えていますが…。独学で、地理を基礎の基礎からやろうと思ったら、どのように勉強すればよいでしょうか?また、オススメの参考書などありましたら教えて頂けたら幸いです。
最後に。あまりにもこのブログ気に入ったので、リンクさせてもらってよろしいですか?



とのご質問をいただきました。
宅浪にせよ、予備校に通うにせよ、分からない問題を教えてもらえる体制が整っていれば、いいのではないかと思います。

浪人しても、母校に質問に行きにくいと思われないのであれば、自宅で勉強して、分からないところを時々聞きに行くというのもありかもしれません。家庭教師の方が、全科目対応できるのであれば、それでもよいと思います。


予備校のスケジュールとしては、夏休みまでに、基礎固めをして、秋以降は志望校に向けた演習となっているところがほとんどではないかと思います。

苦手科目のある方が、秋に予備校にいって、いきなり難しい問題にあたり、一旦できないと思うと、ますます苦手になりはしないかと危惧します。

私自身は、自室で勉強が全く出来ない怠け者だったので、自習室目当てで、予備校に行っていました。必要と思わない科目は、どんどん切っていた(受けなかった)ので、ほとんど自習室で自分の勉強をしているという日もありました。自習室の席を確保するためには、朝早く行かないといけないので、生活もあまり乱れることなく過ごせました。

自宅浪人のデメリットは、生活パターンが乱れやすいことだと思います。一方、通学時間がかからず、勉強時間を最大限確保できる点がメリットといえます。

自宅でもさぼらずに、しっかり勉強できるのであれば、無理に予備校にいく必要はないでしょう。別にのんきということはないです。

ただ、苦手科目は自分で勉強しにくいと思いますので、予備校の講師の話を聞くと分かるようになることがあるかもしれません。

というわけで、世界史に苦手意識を持たれた原因がよく分からないのでなんともいえませんが、社会についても、心を新たにして、科目選択をされてみてはいかがでしょうか。

運良くZ会のセンター対策を取られているのですから、もう一度問題を比較検討してみられてはいかがでしょう。

ちなみに、地理はちょっとしか勉強していないので、何が良いのかはよく分かりません。地理選択の友人は、実況中継の地理がいいと言っていました。
しかし、よく分からないので、記事の下部にある国公立合格作戦だとか、難関私立の合格作戦などのうち、地理選択の人のおすすめ問題集を複数チェックして、実際に本屋で手にとって、自分にあいそうと思ったら購入されるとよいと思います。ある程度解説が詳しいもののほうがいいと思います。そういう意味では、Z会も結構いいと思いますが。

高校のときやっていなかった科目で受験に必要な科目は、予備校で一通りの講義を聞かれるとよいかもしれません。コース制ではなく、特定科目だけを単科でとれるはずですので、予備校等に資料請求ならびに確認されてみてはいかがでしょうか。

予備校に通うメリットは、友人ができ、励ましあったりしながら、勉強できることや、生活パターンが維持しやすい、自習室があり、学習場所を確保しやすい、質問しやすい、いい講師はすごくいいということだと思います。デメリットは、お金がかかる点でしょうか。

いずれにせよ、通信添削と家庭教師に教えてもらうのが、ご自分のペースに合うのであれば、それを無理に変える必要はないと思います。

ちなみに、高3のときにZ会をとっておられたのなら、その復習とともに、添削を取っていなかった科目の問題を解いてみるのもいいでしょう。主要模擬試験の解きなおしも有効だと思います。

文系で数学が出来ないという場合、ほとんどの方が数学ⅡBで躓いているのではないでしょうか。
数学は一旦理解すれば、ある程度の点数は取れるようになるので、むやみに新しい問題を解きまくればよいというよりは、Z会などの質の高い適量の問題を、何度も解きなおすことで、理解するようにしていけば大丈夫だと思います。解きっぱなしが一番非効率です。

リンクについては、大歓迎です。トラックバックも大歓迎です。よろしくお願いします。


少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
質問に答えて頂いてありがとうございました。

自分にはやっぱり添削&家庭教師(全教科見て頂いてます)のスタンスが合ってると思うのですが、
やっぱり学校で習ってない教科は心配で…
アドバイスを参考に少し考えてみます。

数学は…ズバリⅡBで躓いてますι
解きっぱなしはしないよう、
解答・解説の詳しい参考書を買ってきて、
1冊やりあげる、というのを目標にしています。

ブログにリンク貼らせて頂きました。
URLのところに書き込みのあるのが私のブログです。
これからもここの相談&アドバイス参考にさせてもらいます!
2006/04/10(月) 12:48 | URL | りお #UwDIjl4E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/158-576d43d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。