東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語のリスニングのことについて質問させてください!
私はz会の「パワーアップリスニング」をとっているのですが、なかなか聞き取れないんです。
何度も何度も聞いているんですが・・。
Chapter4という項目(長めの英文を聞き取るものです。)など全くといっていいほど聞き取れません。
※Chapter4以外の項目はなんとか聞き取れている状態です。

そこでお聞きしたいのですが、”z会でリスニング”というのは良い選択ですか?書店で売られている他の教材のほうが良いのでしょうか?また、高校1からリスニングを強化する必要はないのでしょうか?是非教えてください!
お願いします!!


とのご質問を新高1の方からいただきました。

 リスニングは、基本的に、ある程度単語が頭に入っていないと、できないと思います。

 高校の授業が始まってもいないので、あせる必要はありません。ていうか、この時点でリスニングに取り組まれるなんて、全国新高1生の模範でしょう。

 下手に市販の問題集をやるより、質と量のバランスに優れたZ会のほうがいいと思います。

 高校が始まったら、高校の授業の予習復習を含めた学習サイクルを確立しながら、Z会に取り組まれるとよいと思います。

 基本というか、最低ラインは学校の勉強ですので、それさえも終わっていない段階で、「できない」と思う必要はありません。
 時間的に、厳しいなと思ったら、学校の勉強だけはしっかりやってください。Z会は後回し、といっても夏休み等でしっかりカバーしてください。

 リスニングは慣れという部分が非常に大事になってきます。

 通学時間に、好きな音楽を聞く代わりに、リスニングのCDを聴くというのも、効率的な勉強法だと思います。

 ディクテーション(書き取り)とか、しながら、少しずつ、聞き取れるようになればいいのではないでしょうか。

 3回聞いて問題を解けという場合でも、3回聞いて分からなければ5回聞いても全然いいと思います。分かるようになることが大事ですから。

 いくら分からないからといって、最初からスクリプトを見ながらというのは、ダメですよ。

 あと、最初から何の準備もせずに全て聞き取ろうとするのではなく、あらかじめ設問を読んで、おおまかな文章のテーマをつかみ、ポイントとなりそうな部分を予測した上で、聴くようにしましょう。
 単に聞くのではなく、問題を解くということを強く意識してください。
 
 そして、自分の弱点、いつも聞き取れない単語は何かをチェックしておかれるとよいでしょう。

 今はしんどくて仕方がないかもしれませんが、そのうち必ず飛躍的にできるようになります。

 あきらめず、コツコツと勉強を積み重ねていってください。

 
 なにはともあれ、学校がはじまって、学校の勉強をさくさくっと済ますことができるようになれば、だいぶ違ってくると思います。

 必ず、授業の予習して、意味が分からないところを抽出し、復習で分からないところを完全になくしてくださいね。

 そのうえで、Z会をとくというのがベストかも知れません。おそらくZ会の問題が学校の問題より簡単ということはないはずですから。

 もしよかったら、灘高の英語の先生であるキムタツ先生のブログも見てください。

 どうしても出来ないという場合、しばらくはリスニングは一時休止して、ある程度学校の勉強が進み、単語力がついてから、再チャレンジしてみてください。


 繰り返しになりますが、まだ、高校始まっていないのですから、あせる必要はまったくありません。

 

 少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!学問一般ランキングからやってきましたatopiaと申します。

受験生向けのステキなブログですね!

この度は自分のやっているブログと相互リンクをしていただきたくコメントをさせて頂きました。私のところには勝手ながらリンクを張らせていただきました。ブログ等の情報は以下の通りです。

ブログ:知能指数心理学への挑戦
URL:http://iqeq.livedoor.biz/
管理人:atopia

突然のお願いですが、どうぞよろしくお願いします。
2006/03/31(金) 01:11 | URL | atopia #bBmFigmc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/151-b407b834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。