東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東大文一志望の一浪です。
駿台の東大スーパーコースに行くことになったのですが、去年は千葉大学を受けただけなので、東大の選択科目について、よく分かりません。
 調べてみると、地歴では、『世界史・地理』、理科では、『地学』、公民は『倫理』がいいようなのですが、いまいち、不確かなので、意見を聞きたいです。
 また、去年、世界史、政経、生物をセンターだけの勉強しかしてなかったのですが、ここで新たに、地理や地学や倫理に転向したほうがいいのか、悩んでいます。
 世界史、政経、生物はセンターで7割はとれたのですが、転向したほうがいいかどうかの意見も聞かせてください。


とのご質問をいただきました。
科目変更の判断基準について

 科目変更の要否については、得点が伸び悩んだのは、勉強したのに理解できなかった、いわゆる苦手科目だったのか、それとも、勉強時間がとれずに、知識整理ができなかったのか、問題演習が足りなかったのかによって異なると思います。

 勉強したのに理解できなかったのであれば、科目変更もやむをえないでしょう。
 学習時間が少なく、知識整理・問題演習が足りなかっただけで、苦手ではないという場合、無理に変更する必要はありません。

 というのは、変更したら、教材選びから、知識整理・問題演習までゼロからの出発ですから、結構手間ひまかかります。
 とくに、社会がもう1科目増えることになる東大対策を今までやっていない東大志望の方にはあまりお勧めしません。

 
社会、特に地歴について

 社会については、世界史・地理、もしくは、世界史・日本史のセットにする人が多いかと思いますが、一応どっちが多いのか予備校の教務担任に聞いてみてください。

 東大の場合、地歴で2科目です。

 歴史が好きなのであれば、世界史・日本史のセットはお勧めです。
 日本史は、設問が論述オンリーだったので、基本的重要事項の流れさえ分かっていればいいということで、日本史を選択しました。

 世界史の17世紀を勉強しているときに、そういえば日本の17世紀はどんなかんじだったのかというふうに、関連付けて勉強できました。

 世界史と地理ではそうはいかないでしょう。

 ただ、地理選択の人もそれなりにいて、地理が好きであれば、地理を選択するのも全然、問題ないと思います。

 ちなみに、地理は代ゼミの武井先生というのがいいらしいと聞いたことがあります。
 普段の講義を聴く必要はありませんが、夏期講習・冬期講習は受講して、出題予想に役立ててください。

 東大世界史は一問一答的な問題も結構出るので、あるていど細かい知識も知っておいたほうがいいと思います。
 したがって、センターは世界史受験のままで良いと思いますが、7割では厳しいと思います。
 最低9割取れるようにしてください。満点の人も結構います。

 今年1年しっかりやれば、必ず9割は取れるようになります。ていうか、取れるようにならないとダメです。浪人生が、現役生に差をつけることができるのは、社会です。

公民について

 公民については、8割以上取れるようにしましょう。すでに政経をある程度勉強しているのであれば、今年1年もう少し勉強すれば8割以上は取れるようになるでしょう。
 ただ、浪人するのですからできれば9割はほしいところです。
 政経が苦手で仕方がないという以外、無理に変更する必要はないと思います。

 また、できるだけ2次試験科目ではない公民にかける時間は減らすべきです。

理科について

 理科については、私自身も地学に変更しました。高校時代に学んだつもりの生物では、得点ののびが期待できなかったからです。
 おっしゃるとおり、理科で一番楽といわれる地学はお勧めです。2次で使わないのですから、要領よくささっとすませる科目にしましょう。もっとも、生物が苦手でなく、単に演習量が足りなかっただけというのであれば、無理に変更する必要はありません。
 いずれにせよ、理科でも8割は最低キープしておきたいところです。

センター試験と東大文Ⅰ

 ちなみに、東大文一を目指すのであれば、いくら傾斜配点とはいえ、センター試験において、苦手科目でも8割は取れないと難しいと思います。科目平均で9割とって人並み、当たり前という世界でないでしょうか。

 
 センター試験対策には、Z会のセンター対策を私は3月からしていましたが、よかったですよ。

 東大文一狙いの場合、センター試験でこけると、精神的にかなりきつくなりますので、早めの対策が効果的だと思います。

おわりに

 人それぞれ、得意不得意が異なり、相性の問題もありますので、予備校の教務担任等にもよく相談してみてください。

 また、合格体験記等も読み比べて、要領よく、志望校合格を勝ち取ってください。

 さらに、おそらく駿台の東大文系スーパーであれば、クラスに必ず在籍している有名進学校の人、とくになぜ今年落ちたのか分からないという人がいると思いますが、そういう人たちにも勉強法を聞いたり、相談してみるのもよいでしょう。

 もともとできる人と同じ勉強法がこれからはじめて東大対策をする方に真似できるもの、真似したほうが良いものばかりとは限りませんが、過去の私もそうでしたが、勉強法が分からないという人には大いに、参考になるはずです。

 
 厳しいことばかり言いましたが、最難関であるゆえ、それなりの対策をしっかりとらないといけません。

 頑張ってください。応援しています。

 少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。












 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/149-2efb0a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。