東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は東大を目指してる新高3です。今世界史の塾に行こうか迷っています。
友人が論述対策のためどんどん通い始めているので…。

通うなら早いほうがいいと思うのですが、塾へ通うと自分の自習時間が大幅に減るので、決断し切れません。
それで、東大の世界史の対策(特に論述)は独学でも可能でしょうか?
もし可能だったら、どんな風にすればいいでしょうか?



とのご質問をいただきました。
 ご存知の通り、東大世界史対策といっても、論述とそれ以外では対策が異なると思います。

 論述以外については、知識の整理がすでに出来ているのであれば、独学で可能かもしれません。

 具体的には、教科書を読んで、詳説世界史ノートを問題集形式で使い、さらに問題集をとき、詳説世界史ノートに載っていない情報を、書き込んだりするという、普通の勉強で足りると思います。

 ちなみに、教科書は、山川と東京書籍の2冊を読みました。あとは、資料集をよく見るようにしました。

 普段の学校の授業も最大限受験対策に活用してください。

 
 論述対策のために、塾に通う必要があるかは、過去問を自力で解けるかどうかによると思います。

 指定されたキーワードをうまく使って、歴史の流れを論理的に説明できることがすでにできるのであれば、塾にいく必要はないでしょう。

 世界史上の出来事を論理的に説明するためには、重要事項の意義についてきちんと理解しておかなければなりませんが、それを独力でするのは困難かも知れません。

 塾に通わないにしても、過去問やZ会や駿台から出ている世界史論述問題集などを解いて、学校の先生等に添削してもらうとよいでしょう。



 できるだけ受験指導に定評のある学校の先生を有効活用しましょう。

 過去問を解いて、どういう癖があるか、来年はどの地域・時代がねらわれそうかなど自分なりに分析されるとなおよいと思います。

 また、Z会や進研ゼミといった大手通信添削を活用したり、大手予備校の夏期・冬期講習だけ取るなどすれば、それなりの対策は出来るのではないでしょうか。

 大手予備校の夏期・冬期講習は出題予想を兼ねているので、他の受験生に差をつけられないようにするためにも、出られるとよいと思います。

 塾に行かないのであれば、大手通信添削をペースメーカーにしていくのがベストではないかと思います。

 もし、塾に行かれるのでしたら、Z会東大マスターコースはお勧めです。

少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
丁寧にありがとうございました。
過去問を見てみましたが、いまいちつかめなかったので、Z会のマスターコースの春季に申し込みました。
自分でできそうならやめて、必要だったらそのまま続けようと思います。
ありがとうございました!!
2006/03/26(日) 19:04 | URL | 苺 #-[ 編集]
わざわざコメントどうもありがと~。

「自分でできそうならやめて、必要だったらそのまま続け」るのがベストですね。すごく頭良いですね。

 春期講習で扱わない過去問でも、自分で解いて、講師に見てもらえたら見てもらうのもいいかもしれません。

 一見非効率に見えますが、実際に試行錯誤して、少しずつ、自分に最も合う方法を探し出すしかないですから。

 大手塾・予備校ですと、学校以外に、志を同じくし、良きライバルでもある、いい友人もたくさん出来ると思います。それも、塾・予備校に通うメリットだと思います。

 スランプに陥ったときにクラスメートと励ましあえたりするのも、後から振り返れば本当にいい思い出になります。

 残り1年、頑張ってください。かげながら応援しています。
2006/03/26(日) 20:34 | URL | ohisha #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/148-495d880f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。