東京大学をはじめとする文系の難関大学合格に役立つ時期別・科目別勉強法、予備校・通信添削・模試活用法、学習計画作成法、情報整理法を扱う。 質問OK!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このブログの記事の後や、サイドバーには、東大・京大・早稲田大・慶応大・難関私大・国公立大学の合格体験記・合格作戦等にリンクをたくさんはっています。

 なぜなら、勉強法が分からないという人には、
 志望校に入った先輩が、どういう勉強をしていたのかetcを見て、自分にあった学習計画をたてたり、勉強法を考案してほしいからです。

 そのため、合格体験記は、最近1年分だけでなく、2、3年分読むのがよいと思います。
 というのは、たくさん情報があればあるほど、自分に近い境遇にいる人の体験記に出会える可能性が高いからです。今年の体験記に載っていないが、去年のには自分と生活スタイルが似ている人がいる可能性もあるからです。
 それに、数年違ったくらいで、勉強法が全く変わるということはありえないからです。

①いい勉強法を盗むことと、②同じ過ちを繰り返さない、ことを意識されながら読むのがポイントだと思います。

 最近は、通信添削や大手予備校の合格体験記も充実してきたとはいえ、まだまだ本に比べると情報量は少ないというのが実態だと思います。
 また、通信添削や予備校だけの勉強だけで合格したというよりは、上手にそれらを活用して合格した場合も、広報的要素が強いので、あたかも通信添削や予備校だけの勉強で受かったかのような誤解を招きかねないからです。

 
 苦手科目は人それぞれで、克服法も十人十色でしょう。

 また、通われている高校の授業が大学受験勉強の志望校対策でも頼りになるのか否かで、おのずと学校の勉強に対する時間配分も異なってきますし、部活をしているかいないかでもだいぶ違ってきます。

 部活を一生懸命されていた方は、学習時間を捻出するためにどのような工夫・努力をされたのかなど、各自のライフサイクルに最も近い人の体験記がとても役に立つと思います。

 合格体験記や勉強法の本には、どうしても、「東大」などの名前が目立ってしまい、嫌気がさす方、自分には関係ないと思う方もいらっしゃるかもしれません。
 しかし、これは東大・東大生を礼賛しているのではなく、社会は2科目が必須など受験科目が多いにもかかわらず、全科目で他の受験生より高得点を取れるように勉強をしている人は、効率的かつ効果的な勉強をしているので、その方法の必要なところだけを上手に盗んでほしいからです。

 学校の進路指導室とか図書館で読むか、購入するかという点については、お手本にしたい人が載っているものは、購入することをお勧めします。
 なぜなら、受験勉強をしてステップアップしていく中で、スランプに陥るときもあるでしょう。
 そのときに、自分の勉強法を合格体験記や合格作戦等を読んで、改善法を探すことも出来るからです。

 私自身も勉強法がさっぱり分からなかったので、特に「通信勉強指導塾アテネ」の本とかはほとんど読みまくりました)。

 結局、絶対これでなければダメというものはなく、自分のライフスタイル・学習スタイルにあった、やりやすい、継続しやすいものをいいとこどりするのが一番ということだと思うに至りました。
 
 いくら自分なりの学習スタイルを確立するといっても、ゼロから考えるのは、非効率です。

 ですから、まずは、合格体験記・合格作戦等を読んで成功した人のまねをするのが手っ取り早いと思います。

 勉強が苦手だと思う人こそ、学習法についてしっかり考え、早く確立しなければなりません。
 なぜなら、勉強ができる人というのは、自分なりの勉強法については大方確立し、各科目の勉強の中身について考えることに時間を全て回すことができている人だから
です。

 「自分は進学校に通っているわけではないから」と開き直っている場合ではありません。近くにお手本となる方がいなかったり、少ない人こそ、合格体験記・合格作戦等を読んで、合格するためのイメージを持たなければなりません。

 何をすれば志望校に受かるかが、漠然とでも分かることによって、日々の学習をこなしていくうちに、小さな達成感を得て、やがてそれが自信へと変わって行くのです。

 この勉強でいいのかという迷いを持ち続けたまま、試験本番を迎えた人と、達成感の積み重ねによる自信を持っている人とでは、この1年で格差、すなわち学力差はますます広がりかねません。

 全国津々浦々で同じように頑張っているライバルに気持ちで負けないためにも、その裏づけとなる日々の学習スタイルの確立は緊要です。


 比較的時間のある春休みに、合格体験記・合格作戦をしっかり読み比べたりして、読み込み、自分なりの学習スタイルを早めに確立して、受験ロードを突っ走ってください。

 
 少しでも参考になりましたら人気blogランキングへのクリックをお願いします。クリックが多いほど、ご質問への返答が早くなるはずです。

 また、ブログランキングへのクリックもよろしくお願いします。









関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ohisha.blog3.fc2.com/tb.php/146-5d33dabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。